1980年代から90年代前半にかけ、ファイターズの先発の柱として大活躍した右腕・柴田保光さんは現在、什器(じゅうき)のレンタル・リース業最大手である「株式会社山元」の所沢商品センターに勤務している。オリックスでの現役時代に対戦経験のあるパンチさんとは、それ以来の再会。通算7打数1安打と抑え込まれた理由が、30年ぶりに明らかとなった!
※『ベースボールマガジン』2020年6月号より転載

打倒・山本功児さんが最初のモチベーション



パンチ佐藤氏(左)、柴田保光氏

 島原農業高校に進学し、柔道部に入部した若き日の柴田さん。ところが毎日のように投げられてばかりで、イヤになった。顧問の先生に「退部させてください」と申し出たら、「他の運動部に入るなら、許してやる」。そこで、たまたま近所の先輩が所属していた軟式野球部を選んだ。それが、野球との出合いだった。

パンチ 柴田さんは高校時代、プロはまったく考えなかったんですか?

柴田 僕は野球を始めたのも高校からだったし、それも軟式野球部だったので。社会人に行ってからですね。初めて硬式球を握って、「プロに行きたいな」と思って、毎日走り始めたんです。球のスピードはあったけど、コントロールはからきしだったから。

パンチ その「プロに行ってみたいな」と思ったきっかけは、何かあったのでしょうか。

柴田 高卒後、名古屋の丹羽鉦電機という社会人野球チームに入ったんですよ。たまたま社会人野球の大会で本田技研鈴鹿相手に投げたら、そこに山本功児さん(元巨人ほか)がいてね。僕、カパーンっとホームランを打たれちゃったんですよ。「次は絶対、この人を抑えてやる」って思ってね。

パンチ プロ注の人に打たれて「ああ、やっぱり違うな」と思うんじゃなく、逆に火が付いたんですね。

柴田 この人を抑えるのにはもっと球を速くしなくちゃいけないし、コントロールも良くしなくちゃ……っていろいろ考えていたら、チームが廃部になっちゃった。それで島田誠さん、川原昭二さん(ともに元日本ハム)と「自分たちでクラブチームを作ろう」と言って九州に帰り、『あけぼの通商』でチームを作ったんです。

パンチ 自分たちでチームを作っちゃったんですか? すごいバイタリティーですね。

柴田 ただ練習試合ではよく勝ったんだけど、公式戦では絶対に負けるチームだったんですよ。なぜかというと、旅費がないから負けろって(笑)。

パンチ(笑)。でもそこを、西武のスカウトが見ていたわけですね。

柴田 西武以外も来ていましたよ。日本ハムが2位で指名するという話もあったんだけど、結局来なくて、西武が2位で手を挙げてきた。初めは僕、「東京には行きたくない」って言ったんです。そうしたら根本(根本陸夫)の親父が、「俺が最後まで見てやるから来い」って。


新生・西武ライオンズのドラフト2位ルーキーだった柴田氏。後ろでは古沢憲司(左)、東尾修(右)が見ている

パンチ やっぱり根本さんって、そういう迫力というか説得力というか、何か違う方なんですか?

柴田 あの人はそういうふうに口に出して言ったことは、すべて実行してくれますよね。のちに僕が36歳何カ月かで、心筋梗塞になって(日本ハムを)辞めざるを得なくなったとき、根本の親父がダイエーの球団専務をしていて、「お前、FAしろ。俺が面倒見るから」と言うんですよ。でも「根本さんに迷惑かけるからやめておきます」って言って、行かなかった。

パンチ そうでしたか。ちょっと話が戻りますが、日本ハムへのトレードのときは、どうだったんですか。

柴田 あれは広岡(広岡達朗)さんが僕を抑えとしてテストしたとき、打ち込まれてね。失格の烙印を押されてしまったんですよ。それで根本さんが「柴田、広岡がお前のことトレード要員の一番手だって言ってるんだ。日本ハムだけど、どうする?」って言うんで、「行きますけど、最後は面倒見てくださいよ」「おお、任せとけ」という感じで。喜んで行かせてもらいました。

打者・パンチへの勝負球は2球目



日本ハムでは先発ローテーションの軸として2ケタ勝利3回、球宴出場3回と大活躍した

パンチ その後、日本ハムで花開いたのには、また何か転機があったんですか?

柴田 日本ハムに行って、オーバースローからスリークォーターに変えたんです。もともとヒントをもらったのは、西武時代の林義一さんという投手コーチだったんですけどね。雨の中で傘をクルッと回すと、雨の滴が少し遅れて傘のあとをついていくでしょう。それが手の使い方だって。

パンチ うわあ、難しいような、分かりやすいような……(笑)。

柴田 でしょ。僕も今一つ、分からなかった。それで日本ハムに移籍後、後楽園で当時近鉄の打撃コーチだった中西太さんが、バッティングの指導をしているところを見たんです。「下半身を使って打つんだ」ということを、野手に一生懸命説明していてね。

パンチ ああ、中西さん、よく下半身の動きを実演してみせていますね。

柴田 押し寄せてきた波が、引き潮で戻っていくようなタイミングでね。それを見ていて、ひらめいたの。下半身と上半身の連動。ピッチングも同じじゃないかと思ってね、やっていたら自然とスリークォーターになっちゃった。

パンチ バッターは腰が回ったらヘッドも回って一緒にバットが付いてくるけど、柴田さんはピッチャーだから、手が付いてくる。腕が走る、ということですね。

柴田 そうそう。手は黙っていても付いてくる。真上から投げていたときは、球は速いけど棒球だったのに、スリークォーターに変えて初めて、球がキレて、スピードボールも投げられるようになったんですよ。

パンチ それで日ハムのエースになって、ノーヒットノーランまで達成したんだから、大成功でしたね。

柴田 あのときは近藤のじっちゃん(近藤貞雄)が監督でね、達成した瞬間、キスされそうになったから逃げちゃった(笑)。

パンチ(笑)。あの日、マウンドではどんなことを考えていたんですか。

柴田 試合前のブルペンから調子が悪くてね、「何回持つかな」と思ったほどだった。だから、ただ丁寧に投げることだけ考えていましたよ。

パンチ 分からないものですね。僕、柴田さんとは1990年に2回対戦していて、7打数1安打だそうなんです。柴田さんが真っ赤な顔をして、汗を流しながら力投しているイメージはあるんですが、実は自分が打席に立ったときのことは、あまり覚えていなくて……。

柴田 僕はだいたい覚えているよ。パンチには、初球のストライクはいらないの。

パンチ それはなぜですか? 1球目から打ってくるから?

柴田 1球目からバーンッと振ってくるから、不用意にストライクは投げたくない。だから初球はボール球。で、2球目にストライクっぽいところに行くと、必ず打ってくるから。

パンチ そのとおりです。振っちゃいますね。

柴田 だから2球目が勝負だって思って、いつも投げてた。

パンチ バカだな、全部引っかかってた。そのとおりですね。

柴田 インハイの高いところに、高速スライダーを投げると「ほら来た!」って打ちにきて詰まる。詰まってピッチャーゴロ、ショートゴロ、セカンドゴロ。いい当たりをされてもファウルなの。

パンチ 早く教えてくださいよ(笑)。僕、とにかく1球目から打つことを考えていて、「ボール」って言われたら、「次だ、次だ、次だ」って(笑)。

柴田 代打で出てくること多いから、1球目が勝負だって思ってたでしょ。1球目、すごい集中力あったもん。その1球目、不用意にストライク取りにいったらダメなんですよ。集中力のあるときには勝負しない。

パンチ だから逆に言うと、鹿取(鹿取義隆=西武ほか)さんからは結構打ったんです。あの人、不用意に初球からど真ん中投げてくるから。

柴田 初球ボール球を投げる余裕のある人は案外、次、優位に立っていけるんですよ。もちろん、次にストライクが入らないとはダメだけど。

パンチ 日本ハムでの11年間は、充実したプロ野球生活だったんですね。

柴田 心筋梗塞にさえならなかったら、もっと長くできたとは思うけど、まあ自分なりにはいいプロ野球人生だったと思いますよ。

 1994年、春季キャンプ前日のことだった。雪の中をいつものようにランニングした帰り道、「なんかキツイな」と思っていたら、心筋梗塞の発作に見舞われた。

 本人は「まだ投げられる」と思っていた。実際、退院後は練習も再開した。だが、最終的に担当医が「プロ野球復帰は断念してください」と、首をタテには振らなかった。

 その年の本拠地最終戦、柴田は“始球式”に登板し、現役を引退した。

コーチ、解説者を経て一般企業へ


パンチ シーズン最終日のセレモニーのあとは、どんな気持ちでしたか?

柴田 悲しいとか、そんなのはなかったですね。まあ、「終わっちゃったな」という感じ。で、1カ月もしないうちにコーチ要請が来たから。

パンチ 引退を悲しんだり落ち込んだりせず、じゃあ次コーチで頑張るか、という感じだったんですね。

柴田 まあ、次の仕事があってよかったなって感じかな(笑)。

パンチ コーチとして投手陣にはどんなことを伝えたいと思っていましたか?

柴田 技術的には正しい体重移動の仕方なんだけどね。一番伝えたかったのは、ピッチャーはいつも孤独なんだということ。マウンドの上に立ったら、誰も助けにきてはくれない。だから、孤高の人になるような気持ちで頑張ってくれればいいな、と。いつもそんな思いで教えていましたね。

パンチ コーチを3年、それから評論家もなさったんですね。

柴田 テレビ朝日に拾ってもらって、2年やった。そのあとがこの会社です。

パンチ ここに来たきっかけは?

柴田 もともと日本ハムの大沢(大沢啓二=元監督)さんが先代の社長と知り合いだった関係で、ヘッドコーチだった矢頭(矢頭高雄)さんが、バッテリーコーチをしていた長田(長田博幸)を連れて、先にこの会社に入っていたんですよ。長田に、「柴田も来いよ」ってずっと言われていて、先代の社長に会ったのがきっかけですね。

パンチ 最初の仕事はなんだったんですか?

柴田 初めは倉庫研修ですね。12月に入社して、船橋と所沢の商品センターで1カ月ずつ。2月になったら本社に呼ばれて、本社の営業になりました。

パンチ 営業というのはどんなことをするんですか?

柴田 ウチは百貨店などに什器(日常生活用の器具)をレンタルするだけでなく、催事イベントなどの会場に行って什器を組み立てたり、会場レイアウトを提案したりするんです。最初は上司が一緒に作ってくれたけど、すぐ一人で大手百貨店を担当するようになりましたね。

パンチ 体も大きいし、プロ野球ファンなら当然、柴田さんだって分かったでしょう?

柴田 プロ野球ファンの方にはゴルフに誘われたり、飲みに誘われたりしましたよ。あちらのほうがお客さんなのに、僕がタクシー券をいただいて、家までタクシーで帰らせていただいたこともありました。

パンチ いい時代ですね。逆に営業の難しさは、どういうところに感じましたか?

柴田 お客さんって、割とワガママなところがあるんですよ。仮にお客さんのほうが間違っていたとしても、僕らのほうが謝らなきゃいけない。「それは違います」とは言えないんです。だから常に一歩下がった形で接するというかね。つらいときもありましたよ。

パンチ キャッチャーみたいな人だったら、それも耐えられるかもしれませんけど、ピッチャーの柴田さんがよく耐えられましたね。

柴田 僕はいつも一歩下がってから投げていたんで(笑)。

人並みの生活ができれば十分です


パンチ いやいや、プロ野球選手で、なかなかそんなふうに思える人は少ないですよ。「やってられるか」ってならずに、そこでグッと耐えられたのは、なぜですか?

柴田 そういう世界にずっといたからじゃないかなあ。ピッチャーっていうのは、辛抱強くないとダメなんですね。佐藤義則さん(元阪急)を見たら分かるじゃない。あの人3点取られても4点取られても、完投しよう、完投しようという意気込みで投げていたじゃないですか。4点取られても、味方が5点取って勝っていたでしょう。義則さんはホント、忍耐強かったと思いますよ。

パンチ 北海道の奥尻出身ですからね。キレちゃダメ、我慢なんですね。

柴田 ピッチャーは我慢できる人じゃないといけないんです。パーンッとキレる人いるでしょう。そうしたらもう、ダメなんだ。中日の今中(今中慎二)なんかも、そういう辛抱強さがありましたよね。今なら菅野(菅野智之=巨人)。菅野は味方がエラーして点を取られようが何があろうが、「なんとかこの回を抑えるんだ」って、一生懸命頑張っていますよね。

パンチ 僕、菅野君のお父さんと家族ぐるみで親しくさせてもらっているので、菅野君が褒められるとなんだかうれしいです。伝えときます(笑)。それで、営業からこちらの倉庫(所沢商品センター)にいらしたのは、年齢的な理由ですか?

柴田 最終的にはお客様相手じゃなく、倉庫でゆっくり、自分の会社を見つめながら仕事をしたい気持ちがあったんですよ。どうせこの会社に最後までいるんだろうからって思ってね。僕の性格上、あちこち渡り歩くのは上手じゃなくて、一つのことをコツコツやるほうが好きだから。

パンチ ここではどんな仕事を?

柴田 倉庫に戻ってきた什器の汚れを落としたり、磨いたり、管理をしています。お客さんにはできる限りキレイなものを出してあげたいですからね。

パンチ 営業をしていらしたとき、ちょっと汚れのあるものが来ちゃって困ったとか、そういう経験があったんですか?

柴田 いや、そういうわけでもないんだけど、お客さんにはやっぱり気持ちよく使ってもらいたいじゃない。ピカピカな台の上に、なるべく早く商品を飾ってほしいから。

パンチ 今はどんなローテーションでお仕事されているんですか?

柴田 月火水と会社に来て、木曜は休んで金曜にまた来て、たまに土曜出社。日曜は休むというのがローテーションですね。最初は嘱託社員でやってくれと言われたんだけど、社員だとやはり週5日勤務になるでしょう。僕、病気をしていたから、病院に行く日に休むのもイヤだったし。社員って名前はいらないけど、代わりにちゃんと仕事はするから、と言って今の勤務体系にしてもらいました。

パンチ 一般企業だと結構50歳ぐらいから給料が上がらなくて、モチベーションを失う人もいると聞いていますが、柴田さんは62歳にして、生き生きしていらっしゃいますよね。

柴田 もちろん給料をいっぱいもらえるに越したことはないけど、それなりに人並みの生活ができれば十分じゃない? 僕のモットーというか、給料をたくさんもらっていたときも、人並み以上の生活はしていないので。

パンチ 堅実な生活が一番ですよね。今後プロ野球界を後にする後輩たちにはどんな言葉を送りたいですか?

柴田 今プロ野球界にいる人たちには、その「今」を大事にしてほしいと思いますね。今、プロ野球生活を一生懸命送っていれば、野球が終わったあともなんでもできます。一般社会に出たら、忍耐強くないといけないですからね。その忍耐強さはプロで身に付くものだし、それから選んだ道ではなるべく一つのことに執着して、また一生懸命やってほしいと思います。昔の栄光ばかり追わず、一社会人として堅実に生きてほしいですね。

パンチの取材後記


 一番印象に残ったのは、「マウンドの上でも仕事でも、男はグッと我慢しなければいけないときがあるんだ」という、柴田さんのひと言ですね。それは、僕に欠けていたところかなと反省させられました。僕もあれだけ辛抱して根気強く野球をやってきたのに、プロに入ってから土井(土井正三)監督のとき、ちょっとフテ腐れてしまった時期があった。今振り返れば、もっとうまくやれたんじゃないかと思います。

 もう一つは、現役時代の柴田さんに“丸裸”にされていた話。いやあ、データも見事に1―0からの2球目をゴロ、ゴロ、ゴロ……(笑)。「やられたな」という思い半分、「あのときのパンチは鼻息荒く、ギラギラしていたんだ、いいじゃないか」という気持ち半分。いや、いい話と懐かしい思い出話が聞けて、楽しい対談でした。

●柴田保光(しばた・やすみつ)
1957年8月20日生まれ、長崎県出身。島原農高から丹羽鉦電機、あけぼの通商を経て、ドラフト2位で79年西武に入団。84年に江夏豊とのトレードで日本ハムに移籍すると先発ローテで活躍し、2ケタ勝利3回。90年4月24日の近鉄戦ではノーヒットノーラン達成。94年限りで引退。通算成績は実働346試合、84勝97敗13セーブ、防御率3.49。95年から3年間日本ハムコーチを務め、現在は株式会社山元の所沢商品センターに勤務する。

●パンチ佐藤(ぱんち・さとう)
本名・佐藤和弘。1964年12月3日生まれ。神奈川県出身。武相高、亜大、熊谷組を経てドラフト1位で90年オリックスに入団。94年に登録名をニックネームとして定着していた「パンチ」に変更し、その年限りで現役引退。現在はタレントとして幅広い分野で活躍中。

構成=前田恵 写真=山口高明