新型コロナウイルスの影響で、開幕が約3カ月遅れた今季は120試合の過密日程と選手たちはコンディション調整が難しかった。特に投手は当初の開幕だった3月に合わせて心身のコンディションを合わせていただけに、投げ込みや実戦勘などを含めて苦慮しただろう。12球団のエースの成績を見るとくっきり明暗が分かれている。


巨人・菅野智之

・巨人 菅野智之 95点
※20試合登板、14勝2敗、防御率1.97、
投球回数137回1/3、131奪三振

 投球フォームを改造して臨み、プロ野球新記録の開幕投手で13連勝を達成。首位独走の原動力となり、MVPに輝いた。3度目の最多勝、初の最高勝率(.875)のタイトルを獲得。ポスティングシステムでメジャー挑戦の意向を表明し、動向が注目される。
 
・阪神 西勇輝 90点
※21試合登板、11勝5敗、防御率2.26、
投球回数147回2/3、115奪三振

 FA移籍2年目の今季は自己最高の防御率をマーク。安定感抜群の投球に加え、けん制の技術、フィールディング能力も高い。開幕戦では菅野から自身初のアーチを放った。来季も不動の大黒柱としてリーグ優勝に導く。

・中日 大野雄大 95点
※20試合登板、11勝6敗、防御率1.82、
投球回数148回2/3、148奪三振

 先発、救援の分業制が確立している現代野球で12球団トップの10完投は出色だ。2年連続最優秀防御率、最多奪三振のタイトルを獲得して沢村賞を受賞。FAで去就が注目されたが、「ドラゴンズ愛」を貫いて早々と残留を決断した。来季は投手タイトルを総ナメする可能性も。


DeNA・今永昇太

・DeNA 今永昇太 30点
※9試合登板、5勝3敗、防御率3.23、
投球回数53回、63奪三振

 エースとして2年連続で開幕投手を務めたが、8月中旬に左肩の違和感を訴えて戦列離脱。10月にクリーニング手術を受けた。23年ぶりのリーグ優勝に向け、今永が万全のコンディションで1年間先発ローテーションを守ることが不可欠だ。

・広島 大瀬良大地 30点
※11試合登板、5勝4敗、防御率4.41、
投球回数63回1/3、38奪三振

 2年連続開幕投手を務めたDeNA戦(横浜)で本塁打を放ち、1失点完投勝利と最高のスタートを切ったが、その後は打ち込まれる場面が目立ち、9月にコンディション不良で戦線離脱。右ヒジのクリーニング手術を受けた。新人の森下暢仁の活躍は刺激になる。エース復活なるか。

・ヤクルト 小川泰弘 70点
※20試合登板、10勝8敗、防御率4.61、
投球回数119回、83奪三振

 8月15日のDeNA戦(横浜)でノーヒットノーランを達成。5年ぶりの2ケタ勝利をマークしたが、シーズン終盤は集中打を浴びて大量失点するケースが目立った。FA宣言で熟考した末に残留を決意。エースが投手陣を引っ張る。


ソフトバンク・千賀滉大

・ソフトバンク 千賀滉大 95点
※18試合登板、11勝6敗、防御率2.16、
投球回数121回、149奪三振

 右上腕部の張りで開幕は二軍スタートだったが、登板を重ねる度に調子を上げて39イニング連続無失点をマーク。最多勝、最優秀防御率、最多奪三振とパリーグでは2006年の斉藤和巳以来14年ぶりの投手三冠に輝いた。球界を代表するエースとして、次元の違う投球を見せる。

・ロッテ 美馬学 80点
※19試合登板、10勝4敗、防御率3.95、
投球回数123回、88奪三振

 楽天から移籍1年目の昨季は4年ぶりの2ケタ勝利をマーク。ソフトバンク戦は5勝1敗とキラーぶりを発揮し、13年ぶりの2位躍進に大きく貢献した。パ・リーグの規定投球回数に到達した投手の中で唯一の与死球0。抜群の制球力で白星を重ねる。

・西武 ニール 40点
※21試合登板、6勝8敗、防御率5.22、
投球回数112回、66奪三振

 昨季は12勝1敗とリーグ連覇に大きく貢献したが、今季は序盤にKOされる登板が少なくなかった。防御率2.87から大幅に悪化。来日3年目の来季は安定感あふれる投球を取り戻したい。


楽天・則本昂大

・楽天 則本昂大 40点
※18試合登板、5勝7敗、防御率3.96、
投球回数109回、105奪三振

 入団以来6年連続2ケタ勝利とパ・リーグを代表する右腕として輝き続けていたが、昨季に続き今季も5勝と精彩を欠いた。ロッテからトレード移籍した涌井秀章が11勝で最多勝を獲得したが、エースの座を譲るわけにはいかない。石井一久新監督の下で2ケタ勝利はノルマだ。

・日本ハム 有原航平 65点
※20試合登板、8勝9敗、防御率3.46、
投球回数132回2/3、106奪三振

 昨季は15勝で最多勝を獲得したが、今季は8勝止まり。好不調の波が激しく、要所で抑えられず崩れる登板が目立った。今オフにポスティングシステムを利用してレンジャーズに移籍が決定。異国の地で持ち味を発揮できるか。

・オリックス 山本由伸 85点
※18試合登板、8勝4敗、防御率2.20、
投球回数126回2/3、149奪三振

 8月までは大量失点する登板も見られて不安定だったが、9月から圧巻の投球。31イニング連続無失点を記録し、千賀とともに自身初の最多奪三振のタイトルを獲得した。直球、カットボール、スプリット、カーブ、シュートとすべての球種が超一級品。球界のエースへ。

写真=BBM