千葉海上保安庁のポスター

 ロッテの若き四番が“海の顔”だ。千葉海上保安庁のポスターに安田尚憲が起用される。

 海上保安庁は、海難事故、密漁や密航・密輸などの事件情報の通報先として、2000年5月1日から、海上保安庁緊急通報用電話番号として「118番」の運用を開始。10年12月には、毎年1月18日を『118番の日』と制定し、周知活動を強化している。

 同ポスターは『118番』の重要性をより多くの人たちに理解してもらい、海の安全・安心を確保するための啓蒙活動の一環だ。制作したポスターは県内の公共交通機関、公共施設などに1月より順次、約2000枚提出される。なお、昨年はレアード、19年は藤原恭大、18年は井口資仁監督、15年〜17年は石川歩が起用された。

■千葉海上保安部コメント
「2020年、若き四番としてチームのために献身的に戦う姿と千葉海上保安部の海を守る姿がイメージとしてピッタリのため起用させていただきました。20201年、安田選手が公約として掲げている20本塁打、さらにそれ以上のアーチを放っていただき、海上保安庁『118番』も、よりたくさんの皆さまに認知いただきたいと思います。安田選手の活躍を願っております」

■安田尚憲選手コメント
「本当にありがたいです。海はなかなか行く機会がないですけど、大好きです。そんな僕の大好きな海を守ってくださっている海上保安部の皆様の期待に応えられるように2021年シーズンはチームの優勝に貢献できる結果を出したいと思います」

画像=千葉ロッテマリーンズ提供