自身は永久欠番を固辞



西鉄で背番号「24」を着け、61年には42勝を挙げるなど鉄腕と称された稲尾

 埼玉は所沢に本拠地を置く西武。ニックネームがライオンズとなったのは1951年で、当時のチーム名は西鉄だった。本拠地は九州の福岡で、プロ野球が2リーグ制となった50年に西鉄クリッパースとして参加して、オフに同じ福岡に拠点を置く西日本パイレーツを吸収合併したものだ。ただ、1リーグ時代に1年だけ存在した西鉄というチームも無関係とは言い切れず、歴史は複雑だ。系譜が明確になったのは、やはりライオンズ元年の51年。54年に初のリーグ優勝、56年からは3年連続で日本一に輝くなど黄金時代を謳歌したが、63年のリーグ優勝を最後に低迷。太平洋、クラウンと名称を変え、79年に西武となって本拠地も移転した。初めて永久欠番が誕生したのは2012年5月1日で、西鉄を黄金時代に導いた“鉄腕”稲尾和久の「24」。稲尾の生誕75周年を機に永久欠番となったものだ。

「24」の初代を誰とするかも難しいが、クリッパースでは捕手の伴勇資が唯一。ライオンズとなって伴は「11」となり、1リーグ時代は投手も経験している小田野柏で2年間、八浪知行が3年間と、外野手が「24」をリレーした。56年に入団して「24」を背負った稲尾がライオンズでは3代目、投手の第1号で、1年目から3年連続で最優秀防御率に輝くなどの活躍。58年の日本シリーズでは西鉄を3連敗からの4連勝に導いて、「神様、仏様、稲尾様」と言われた。

 61年にはプロ野球記録に並ぶ42勝。シーズン78登板は21世紀に更新されたが、稲尾を超えた投手たちも投球回404イニングは遠く及ばない。だが、この力投は64年からの故障との闘いを呼び、69年オフに現役を引退した。すぐに監督となった稲尾は「24」のまま指揮を執ったが、72年オフ、西鉄の終焉とともに「24」を返上して「81」に。このときも永久欠番の打診があったが、稲尾が固辞。前途有望な選手に与える背番号として欠番の状態に入った。

 最初の後継者は、やはり投手だった。ドラフト1位で入団した76年に継承した右腕の古賀正明は太平洋、クラウン時代で唯一の「24」。九州ラストイヤーの78年オフにロッテへ移籍すると、巨人、大洋(現在のDeNA)と渡り歩いて、プロ野球2人目の全12球団から勝ち星を挙げた投手となっている。西武の初代は助っ人で内野手のミューサーだが、シーズン途中で退団。内野手の小川史が「1」から変更して81年まで着けたが、結果を残せず、南海(現在のソフトバンク)へ移籍してブレークしている。そして翌82年。西武で初めて「24」を外野手が背負ったことで、チームの歴史が大きく動く。

主砲の出世ナンバー



「24」を背負った秋山は85年に40本塁打と大ブレーク

 82年に「71」から変更して、「24」を背負ったのが秋山幸二。まだ二軍で英才教育を施されていた時期だが、「24」で85年に40本塁打を放って大ブレーク、翌86年に新人の清原和博が「3」を着けると、続く87年に「1」となって“AK砲”を形成、黄金時代を象徴する存在となる。「24」は秋山の出世ナンバーと言える背番号だ。その後は外野手がリレー。87年は助っ人のブコビッチが背負ったが、オフに退団、翌88年に後継者となったのが中日から移籍してきた平野謙だった。秋山とはタイプが異なる職人肌の平野は森祇晶監督の緻密な野球に不可欠な存在となり、黄金時代の底力となっていく。平野の移籍で近鉄から移籍してきた小野和義が背負い、西武では初めて投手の背番号となるも、97年シーズンが開幕してからトレードにより内野手の金村義明が継承。金村は西武の「24」でキャリアを終えた。

 2000年代からは投手がリレー。ドラフト2位で入団した右腕の眞山龍が着けるも一軍登板なく引退、06年に左腕の松永浩典が継承したが伸び悩んで、11年から「38」に。その11年シーズン途中に入団した助っ人で外野手のマルハーンが「24」で初打席本塁打の鮮烈デビューを飾るも、それが最後の見せ場となり、オフに退団。このマルハーンが「24」最後の選手となる。「24」が永久欠番となった12年には松永が自己最多の56試合に投げまくって12ホールドをマークしたが、翌13年から松永も故障に苦しめられ、12年のフル回転がラストシーンとなった。

【西武】主な背番号24の選手
稲尾和久(1956〜72)
秋山幸二(1982〜86)
平野謙(1988〜93)
小野和義(1994〜97)
松永浩典(2006〜10)

文=犬企画マンホール 写真=BBM