「メシア from USA!」



阪神で18年ぶりの優勝に貢献したアリアス

 巨人と阪神は「伝統の一戦」と呼ばれてファン同士も熱くなるライバル関係だが、この両球団に所属した外国人選手がいる。ダレル・メイとジョージ・アリアスだ。アリアスは阪神在籍時の2003年に18年ぶりのリーグ優勝に貢献。暗黒時代を救った助っ人として、応援歌の最後の一小節「メシア from USA!」に阪神ファンの愛情が込められていた。

 アリアスが来日したのは00年。オリックスに入団すると1年目は打率.250、26本塁打、2年目の01年は日本野球に対応して打率.262、38本塁打と成績を上げる。だが、2年連続で出塁率が3割2分台だったことに球団フロントの評価は高くなかった。年俸を巡り交渉が決裂し、オリックスを退団する。このアリアスを高く評価していたのが阪神・星野仙一監督だった。

 阪神はオリックス時代から2億円近いアップの年俸2億5000万円プラス出来高5000万円の2年契約で迎えた。その期待に応えようと、02年に32本塁打をマーク。30本塁打以上を放ったのは89年のセシル・フィルダー以来球団史上13年ぶりだった。03年は打率.265、38本塁打、107打点とタイトル争いを繰り広げる。5月9日の横浜戦(横浜)では相手左腕・吉見祐治から濱中おさむ、片岡篤史に続いて三者連続でレフトスタンドにアーチを放ち、「平成の3連発」とメディアに大きく取り上げられた。独走でリーグ優勝を飾る原動力となり、打撃だけでなく一塁の安定した守備でもゴールデン・グラブ賞を獲得した。


来日から2年間はオリックスでプレーした

「オリックスは週末と平日でお客さんの数が違っていたけど、タイガースはいつもたくさん来てくれる。最高のサポートをしてくれるファンと、最高の場でプレーできるチャンスを与えてくれた神様に感謝しているよ」と語っていたアリアス。日本で成功する要因については「ひと言でいえば“受け入れる”ことだね。日本の生活スタイルはもちろん、日本のすべてを受け入れること。日本のシステムをすべて習う、勉強する――そういう向上心がなければ難しいと思うよ」と語っていた。

 04年も打率.272、25本塁打、84打点とまずまずの働きぶりだったが、高年俸に加えてチームが当時横浜を退団濃厚だったタイロン・ウッズの獲得を目指していた経緯があり、同年限りで退団した。その後はメキシカン・リーグでプレー。日本人が好きで生活も快適だったことから、日本球界復帰を望んでいた中で待望のオファーが届く。巨人が東京ドームの相性の良さ、日本での実績を評価し、シーズン途中の06年6月末に途中入団する。

得点力アップを目論む巨人から



シーズン途中に加入した巨人では救世主とはなれなかった

 結果から言えば、不完全燃焼に終わった。このときの巨人は原辰徳監督が2年ぶりに現場復帰。4月に貯金12と開幕ダッシュに成功したが、高橋由伸、小久保裕紀、阿部慎之助ら主力選手が故障により相次いで戦線離脱すると、6月に球団月間最多敗戦記録の19敗と大失速する。得点力アップを目論む中、緊急補強したのがアリアスだった。

 移籍後初スタメンは7月5日の中日戦(東京ドーム)。本職ではない左翼手だった。打撃の調子が上がらず、1か月後に二軍降格。8月以降はファーム暮らしだった。17試合出場で打率.167、2本塁打、5打点。帰国の際、「チームを救済できずに申し訳ない」と報道陣に語り、「阪神では信念や希望を持ち、何より野球は楽しむものだと感じた。巨人にはいいプレーヤーがいるが、重圧に負け野球を楽しんでいない」と複雑な表情を浮かべた。

 日本で3球団を渡り歩き、来日6年間で通算639試合出場、打率.259、161本塁打、436打点。阪神在籍時の応援歌は現在も外国人選手に引き継がれている。虎党には特に愛されたホームランアーティストだった。

写真=BBM