ムダな動きは一切なし



横浜高の遊撃手・緒方漣(左)は1年生とは思えない落ち着いたプレーを披露している

 立花学園高・志賀正啓監督は1プレーの重みを語った。

「リスクを背負ってでも、ほおってきた。ウチの三塁走者も走塁はうまいんですが……。よく訓練されています」

 4月17日に行われたシード権をかけた横浜高との春季神奈川県大会3回戦。立花学園高は1回表一死三塁と先制点のチャンスを迎えていた。横浜高の内野陣は、中間守備よりもやや前。三番打者の遊ゴロで、三走は好スタートを切ったかに見えたが、横浜高の遊撃手・緒方漣は俊敏なプレーで、本塁生還を許さなかった。捕球から正確な送球まで、ムダな動きは一切なかった。

 守りで流れをつくった横浜高は1回裏に先制。立花学園高は4回表に追いつくも、横浜高はその裏にすかさず3点を勝ち越し。試合巧者ぶりを発揮して、4対1で逃げ切っている。

 たら、れば、を言えば、初回の鉄壁守備が試合の明暗を分けたと言っていい。ショートストップを任されている緒方は1年生である。瀬谷西高との初戦(2回戦)から先発に名を連ね、軽快なフィールディングを披露した。この日も三遊間の当たりに追いつくと、素早く送球。一塁手のミスにより内野安打となったが、完全にアウトのタイミング。入学したばかりの新入生とは思えない風格がある。

 横浜高・村田浩明監督は言う。

「横浜高校の6を背負いながらもよくやっている。(初回の)あのプレーは大きかった」

 中学時代に在籍したオセアン横浜ヤング時代から守備力には定評があった。前評判どおりのプレーを早速、見せるのだから、相当な精神力の持ち主である。「緒方ゾーン」に飛んだ打球は、すべてアウト。神奈川県大会は4回戦以降、「有観客試合」となるが、守備だけも一見の価値あり、である。

文=岡本朋祐 写真=川口洋邦