開幕してから約1カ月が経過したパ・リーグ。連日熱戦が繰り広げられているが、果たして各球団は順調に戦うことができているのか。パ・リーグ6球団の開幕からの戦いぶりを100点満点で採点した。
記録は4月26日現在

福岡ソフトバンクホークス



今季は打率3割超と打撃が好調のソフトバンク正捕手・甲斐

1位・ソフトバンク 65点

 現在、首位には立っているものの、決して順風満帆というわけではない。何よりも大きいのが、エース・千賀滉大の離脱だ。6日の試合で左足首のじん帯を損傷し、前半戦は絶望となった。だからこそ奮起が期待された先発陣だが、ここまではピリッとせず。特に先発再転向の高橋礼をはじめとして制球難に苦しむ選手が多く、工藤公康監督は9連戦を前にローテ再編に乗り出す模様だ。打線は主力にケガ人もいない状況で打率リーグトップの.267ながら、今一つ得点力に欠けるのが気になるところ。24日のロッテ戦(ZOZOマリン)も、19安打を放ちながら9安打のロッテに9対11で敗れた。ただ、投打がかみ合えば、他を寄せ付けない圧倒的な強さを見せつけるのがソフトバンク。主砲・柳田悠岐もようやくエンジンがかかってきた様子で、リーグトップの打率.365をマークするグラシアル、同7位.302の栗原陵矢へとつなげて得点を稼いでいきたい。また、扇の要・甲斐拓也がリーグ3位の打率.324とバットが好調で頼もしい。この状況を打破する戦力は十分だ。

東北楽天ゴールデンイーグルス



4月24日の西武戦(楽天生命パーク)で楽天復帰後、初勝利を挙げた田中将

2位・楽天 70点

 開幕から4カード連続で勝ち越しも、その直後に2カード連続勝ち星なし。特にソフトバンクに対しては3敗3分けと未勝利であり、安定感には欠けている。それでも貯金4の2位は上出来か。先発陣では先発した5試合すべてでクオリティー・スタート、3勝負けなしの涌井秀章と、新人ながらすでに3勝(2敗)をマークしている早川隆久が充実。負傷で出遅れた田中将大も開幕約1カ月後に復帰後初勝利を挙げ、ようやく理想の形となった。攻撃陣は4月下旬に合流した新助っ人・ディクソンが早くも本塁打を放つも、カスティーヨは一軍初打席で負傷離脱。好調な四番・浅村栄斗の前後を組み替えながら、得点力アップへ試行錯誤しているのが現状だ。

千葉ロッテマリーンズ



安田がリーグトップの打点を稼ぐなど主軸が好調のロッテ

3位・ロッテ 85点

 開幕5連敗からのスタートも、早くも完済して貯金生活に。首位・ソフトバンクと1ゲーム差につけるなど、巻き返しに成功したのは、打線の奮起が大きい。長打力あるマーティンが二番に座って、リーグトップの8本塁打を放って21打点。四番・安田尚憲も5本塁打でリーグトップの28打点と荒稼ぎ。三番・主将の中村奨吾も20打点と、安田、マーティン、中村奨がリーグ打点上位3位までを独占し、12球団トップのチーム計137得点と打線が活発だ。ただ、抑えの益田直也の不安定で、勝ち試合を落とすケースも。昨季の躍進を支えたブルペンが復調してくれば、悲願の優勝も現実味を帯びてくる。

埼玉西武ライオンズ



4月22日のオリックス戦(京セラドーム)、2試合続けて抑えに失敗した西武・増田

4位・西武 50点

 開幕から主力野手にケガ人が続出し、一時は開幕オーダーに名を連ねた4選手が一軍から姿を消した。それでも新人の若林楽人や二軍から上がってきた呉念庭、愛斗らの活躍で上位に踏みとどまっていた。しかし、4月17日のソフトバンク戦(メットライフ)から2分けを挟んでの6連敗。10日近く勝ち星に恵まれず、借金2の4位にまで沈んでしまった。森友哉や中村剛也と言った中軸の状態が上がらず、得点能力が低下。松本航、浜屋将太がローテーションから外れ、先発陣も再編されている。リリーフ陣で勝ち切るのが必勝パターンだが、18日のソフトバンク戦(同)、22日のオリックス戦(京セラドーム)と守護神の増田達至が抑えに失敗し、勝利を得られなかったのも痛かった。まずは連敗ストップ。1つ勝てば、流れは変わってくるはずだ。

オリックス・バファローズ



勝負強さを発揮しているオリックスのベテラン、T-岡田

5位・オリックス 50点

 山本由伸、山岡泰輔を筆頭に先発陣は安定。チーム防御率はリーグトップの3.10を記録していることが、借金3で踏みとどまれている一因だ。ただ、不安材料は多く、20歳の太田椋、19歳の紅林弘太郎ら若手を積極起用していることもあって、守備や走塁など細かなミスが多く、試合の主導権を明け渡すことも。抑えも漆原大晟が不振、平野佳寿が離脱し(27日から一軍合流の見込み)、代役・ストッパーのヒギンスも制球が不安定と、勝ち切れないことも多い。それでも、T-岡田が得点圏打率.500をマークして勝負強さを見せるなど、明るい材料もある。打線も徐々に得点力が上がっているだけに、5割復帰で上位を追随したい。

北海道日本ハムファイターズ



チームの不振に苦悩する日本ハム・栗山英樹監督

6位・日本ハム 30点

 開幕から1カ月、25試合を消化した時点で7勝14敗4分けの最下位。ともにリーグワーストの防御率4.20と打率.215では当然の順位だ。投打のかみ合わない状況が続く現時点での評価は30点といったところか。打率、安打、本塁打、打点、得点で最下位に沈む打線の低迷と、防御率5.36のリリーフ陣の崩壊は深刻。25試合で22通りもの打順やメンバーの入れ替えを行うも打線の爆発には至っていない。チーム7勝のうち抑えの杉浦稔大が6セーブ。9対4で快勝した開幕カードの3月27日の楽天戦(楽天生命パーク)以外はすべて3点差以内の勝利だ。打線が湿りがちな僅差勝負では今後もリリーフにかかる負担は大きくなる。リードを守り切れない中継ぎ陣と攻撃陣の奮起が待たれる。

写真=BBM