延長12回、勝ち越し打を放ったヤクルト・川端

■日本シリーズ第6戦(ほっともっと神戸)
ヤクルト2-1オリックス

 ヤクルトの3勝2敗で迎えた第6戦、オリックスは山本由伸、ヤクルトは高梨裕稔が先発した。両投手ともランナーを出しても得点を許さない粘りピッチングだったが、0対0の均衡を破ったのはヤクルトだった。5回、先頭のオスナが中前打で出塁すると、手堅く犠打で二塁へ進める。二死後、塩見泰隆が初球のフォークを巧みにとらえ、打球は三遊間へ。二走・オスナが本塁生還する鮮やかな左前適時打でヤクルトが1点を先制した。

 だがその裏、オリックスはすかさず反撃。一死から若月健矢が二ゴロで一度はアウト判定も、リプレー検証の末、判定が覆る。太田椋が犠打を決め二死二塁となると、福田周平がしぶとく左前に打球を落とし、二走・若月が同点のホームを踏んだ。

 6回に三塁・宗佑磨、遊撃・紅林弘太郎の連続エラーで無死一、二塁のピンチを迎えた山本。だが、沢村賞右腕はここで踏ん張る。サンタナは注文どおり内角ストレートで二ゴロ併殺、中村は遊ゴロに仕留めてピンチを脱した。山本は7回二死一、二塁のピンチも青木宣親を二ゴロに打ち取って切り抜ける。圧巻は8回だった。球数は110球を超えていたが三番・山田哲人、四番・村上宗隆、五番・サンタナから三者連続空振り三振を奪った。


日本一に輝き、胴上げで宙に10回舞ったヤクルト・高津監督

 山本は9回も続投。ヤクルト打線を三者凡退の0点に抑えたが、141球の力投だった。その後、両チームのリリーフ陣が踏ん張っていたが、延長12回、二死からヤクルトが粘りをせた。代わったばかりの吉田凌から塩見泰隆が左前打。打席には代打の切り札・川端慎吾。パスボールで走者が二塁に進むと、川端が左前へ勝ち越し打。その裏、10回二死から登板していたマクガフがオリックス打線をゼロで抑え、ヤクルトが20年ぶり6度目の日本一を決めた。

写真=BBM