リーグ3連覇を逃した巨人。来季のV奪回に向けて、カギを握るのが「89年組」の活躍だ。エース・菅野智之、絶大な信頼を寄せる女房役の小林誠司、攻守で中心を担う丸佳浩、日本ハムからシーズン途中に電撃移籍した中田翔、故障による育成枠から支配下昇格した高木京介……5選手とも不完全燃焼に終わっただけに、巻き返しが期待される。


巨人・中田翔

・中田翔
今季成績34試合出場、打率.154、3本塁打、7打点、0盗塁
通算成績1495試合出場、打率.248、264本塁打、957打点、14盗塁

 どん底まで落ち込んだシーズンだった。日本ハムでチームメートへの暴力事件が発覚し、8月11日に一、二軍戦の試合無期限出場停止処分が下された。そして、同月20日に巨人へのトレード移籍が発表されると即一軍で起用されたが、快音が続かない。一、二軍を往復して打撃の状態が最後まで上がらず、34試合出場で打率.154、3本塁打、7打点。不調は技術的なものか精神的なものか原因が定かではないが、まだ限界を感じる年齢ではない。3度の打点王を獲得するなどパ・リーグを代表する長距離砲として活躍してきた。来年は意地を見せてほしい。


巨人・菅野智之

・菅野智之
今季成績19試合登板、6勝7敗、防御率3.19
通算成績215試合登板、107勝56敗、防御率2.39

 ここまで苦しむとは誰も想像できなかった。故障やコンディション不良の影響に苦しみ、4度の登録抹消を経験。試合中盤に球速が10キロ近く落ちるなど、故障を疑うほどの状態で、内定していた東京五輪も出場辞退した。ただ、シーズン終盤になると菅野らしさを取り戻していった。9月は5試合登板で3勝2敗、防御率3.21。10月は4試合登板で1勝0敗、防御率1.88。球威十分の直球は試合終盤まで落ちず、変化球の精度も高く連打を許さない。走者を背負っても要所を抑えるエースの投球で復活を予感させた。来季は相手を圧倒する持ち前の投球スタイルで、タイトルを総ナメにする活躍を見せてほしい。


巨人・小林誠司

・小林誠司
今季成績64試合出場、打率.093、1本塁打、3打点、1盗塁
通算成績685試合出場、打率.211、15本塁打、137打点、8盗塁

 正捕手奪取へ、課題は打撃に尽きる。2年連続打率0割台は本人にとっても屈辱だろう。先発マスクは27試合と大城卓三の95試合と大きく差が開いた。2016年から4年連続リーグトップの盗塁阻止率をマークするなど強肩はリーグ屈指。ブロッキング技術や投手の配球術に定評があり、菅野や山口俊など主戦投手に絶大な信頼を寄せられている。典型的な「守備型捕手」だが、打撃もパンチ力があり、決して非力なわけではない。小技や進塁打を磨いて首脳陣の信頼を勝ち取りたい。


巨人・丸佳浩

・丸佳浩
今季成績118試合出場、打率.265、23本塁打、55打点、5盗塁
通算成績1470試合出場、打率.280、224本塁打、761打点、165盗塁

 今季は開幕して間もなく、新型コロナウイルスに感染したことが判明して戦線離脱。その後も打撃の調子が上向かず6月に故障以外で9年ぶりにファーム降格するなど試練を味わった。一軍復帰以降は調子を取り戻し、打率.227から前半戦終了時は打率.290と2カ月で6分以上上げたが、その後も好不調の波が激しい。8月以降は再びスランプに入り、スタメンを外れることも。ただ6年連続20本塁打をマークし、出塁率.365もチームトップと決して悪い数字ではない。主軸としてチームを引っ張ってもらわなければ困る選手だ。


巨人・高木京介

・高木京介
今季成績15試合登板、1勝0敗1ホールド、防御率4.42
通算成績229試合登板、10勝2敗2セーブ36ホールド、防御率3.55

 新人の2012年から救援で活躍していたが、16年に野球賭博に関与していたことが発覚。1年間の失格処分を受けた。18年に一軍復帰し、翌19年は自己最多の55試合登板で3勝1敗10ホールドとリーグ優勝に貢献。股関節痛の影響で昨オフは育成契約を結び、今年3月に支配下昇格されたがシーズンの大半がファーム暮らしと悔しい思いをした。左の救援陣は中川皓太、高梨雄平、大江竜聖、戸根千明とライバルが多いが、来季は一軍フル帯同で存在価値を証明したい。

写真=BBM