楽天・茂木栄五郎

 チームの5代目キャプテンに就任したのは2020年のことだった。そして昨オフ、石井一久GM兼任監督から「来シーズンもキャプテンをやってもらいたい」と直々に続投の打診を受けた。「キャプテンになって、個人として今までにない自覚も芽生えた。常に一軍のグラウンドに立って貢献することがチームの勝ちにつながると思う」。決意を新たに臨んだ2021年シーズンだったが、いきなりアクシデントに襲われてしまった。

「体のすごい張り」(石井GM兼任監督)で4月10日から4戦連続で欠場した。すると好調だった打線は勢いを失い、その間に2敗2分け。2カード連続で白星から遠ざかる結果に、茂木は責任を痛感していた。「五番を任せてもらっていて、すごくいい形が出ている中で離脱してしまって。チームの勢いを落としてしまう、不甲斐ない結果」とうつむいた。

 その後は定期的に休養を与えながら出場を続け、前半戦だけで10本塁打をマーク。だが7月1日には疲労蓄積のため今季初めて出場選手登録を抹消された。やはり万全なコンディションにはほど遠いものだった。

 チームは3位でクライマックスシリーズ進出を果たし、自身はロッテとの2試合にフル出場するも6打数ノーヒット。白星をつかめないまま今季の終戦を迎えた。犬鷲打線の核はやはり、浅村栄斗、島内宏明、そして茂木の3人で、そろって活躍することが優勝への近道となる。まずはコンディションを万全にし、雪辱の機会をうかがう。

写真=BBM