昨季はヤクルトが20年ぶりの日本一、6年ぶりのリーグ優勝を果たし以下、2位・阪神、3位・巨人、4位・広島、5位・中日、6位・DeNAという結果に終わったセ・リーグ。もちろん、全チームが2022年での優勝を狙っている。頂点をつかむために必要なことは? DeNAの「優勝へのポイント」を挙げる。

2021年6位・横浜DeNAベイスターズ



DeNA・大貫晋一

 昨年のチーム防御率4.15はリーグ最下位。これをどうにかしない限りは優勝どころか、Aクラス入りも難しい。今永昇太、大貫晋一という左右の軸は先発ローテーションを回す力はありそうだが、ロメロ、濱口遥大、京山将弥、上茶谷大河らはシーズン通しての働きを期待するには不安が残る。坂本裕哉、阪口皓亮、入江大生、新人・徳山壮磨ら下からの押し上げに期待したい。リリーフはエスコバー、砂田毅樹らタフな中継ぎがブルペンに控えるが、抑えが定まらない。新外国人のクリスキー、三嶋一輝、山崎康晃が守護神の座を争うこととなりそうだ。攻撃陣は他球団に引けを取らないだけに、投手陣の再建が浮上のカギを握る。

写真=BBM