2021年、最優秀防御率のタイトルを獲得した柳

 2021年のセ・リーグ最優秀防御率投手は、防御率2.20を記録した中日の柳裕也だった。同タイトルは、中日の大野雄大が2019年、2020年と連続で獲得しており、これで中日の投手が3年連続獲得となる。もし、今季も中日の投手が最優秀防御率に輝けば4年連続だが、過去に「同じチームから4年連続」という例はあるのだろうか?

4年連続は過去になし


 結論から言うと、最優秀防御率のタイトルを「4年連続で獲得したチーム」は、2リーグ制となった1950年以降なし。実は今季の中日先発陣は、前人未踏の大記録への挑戦となるのだ。

 現在の中日と同じく、「最優秀防御率のタイトルを3年連続で獲得」したチームは過去に4度存在する。

●西鉄(1956年〜1958年)
1956年 稲尾和久 防御率1.06
1957年 稲尾和久 防御率1.37
1958年 稲尾和久 防御率1.42

●日本ハム(1980年〜1982年)
1980年 木田勇  防御率2.28
1981年 岡部憲章 防御率2.70
1982年 高橋里志 防御率1.84

●ロッテ(1995年〜1997年)
1995年 伊良部秀輝 防御率2.53
1996年 伊良部秀輝 防御率2.40
1997年 小宮山悟  防御率2.49

●巨人(2016年〜2018年)
2016年 菅野智之 防御率2.01
2017年 菅野智之 防御率1.59
2018年 菅野智之 防御率2.14


驚異の成績で3年連続で最優秀防御率のタイトルを獲得した稲尾

 まずは西鉄。1956年から1958年にかけて稲尾和久が3年連続で最優秀防御率に輝いた。1956年の稲尾は高卒1年目だったが、61試合で21勝6敗、防御率1.06というとんでもない記録を達成。翌年も68試合で35勝6敗。防御率は1.37。1958年は72試合と登板数は増えたが、33勝10敗で防御率1.42と、現在ではありえない記録を残した。残念ながら1959年は南海の杉浦忠が防御率1.40で最優秀防御率に輝き、連続記録はストップした。

 1980年のパ・リーグは、日本ハムの木田勇が最優秀防御率のタイトルを獲得。翌1981年は5年目の岡部憲章が快進撃を見せ、再びリーグ最優秀防御率に輝く。さらに1982年は、前年に広島から加入した高橋里志が活躍し、3年連続で同タイトルを獲得することになった。西武の東尾修が1983年の最優秀防御率投手となったため、連続記録はストップすることになった。

 3チーム目はロッテ。1995年に伊良部秀輝が最優秀防御率投手になると、翌1996年も再びエースとして2年連続で最優秀防御率のタイトルを獲得した。1997年は伊良部秀輝が退団するも、小宮山悟がキャリアハイの防御率2.49をマークし、ロッテは3年連続で最優秀防御率投手を輩出した。ロッテの連続記録を止めたのは日本ハムの金村暁で、1998年にリーグトップの防御率2.73をマークした。


菅野も2016年から3年連続で最優秀防御率を獲得

 2016年から2018年にかけては、巨人の菅野智之が3年連続で最優秀防御率のタイトルを獲得。同一投手が3年連続というのは、稲尾和久以来2人目という快挙だった。4年連続を目指した2019年は、腰痛の影響などで離脱が続き、規定投球回に届かず。中日の大野雄大が防御率2.58で最優秀防御率のタイトルに輝き、ここから現在まで3年連続で中日投手が同タイトルを獲得することになる。

 最優秀防御率のタイトルを4年連続で獲得したチームは過去になし。繰り返しになるが、今季の中日はいまだどのチームも達成していない偉業に挑むことになる。果たして大記録達成となるか、安定感抜群の投球で昨季の投手二冠・柳裕也など、中日先発陣の活躍を期待したい。

文=中田ボンベ@dcp 写真=BBM