篠塚も駒田も絶好調!



80年代の巨人の中心選手だった中畑

 巨人の“絶好調男”中畑清は不思議な選手だった。プロ野球選手にとって、キャリアの“致命傷”になりかねないのがケガだ。もちろん中畑も故障とは無縁ではなかった。ただ、中畑が故障すると巨人は“絶好調”に。こういう場合はケガをした選手に戻る場所がないパターンが少なくないのだが、中畑の場合は、しっかりと戦線に復帰を果たして、結果的に巨人の戦力がグッと厚くなることが多かった。

 中畑が完全にレギュラーの座をつかんだのが1980年。あこがれだった長嶋茂雄の三塁を継承した形だった。だが、翌81年に三塁手として高校、大学で鳴らしていた原辰徳がドラフト1位で入団。長嶋監督が去り、藤田元司監督が就任したタイミングだったが、その藤田監督の意向もあって、中畑の三塁を維持、原は二塁で起用することになる。中畑と入団が同期で、同じく80年に二塁で定位置をつかんだ篠塚利夫が控えに回った。だが、中畑は開幕1カ月ほどで故障、離脱する。篠塚が二塁に入って絶好調、原も三塁で絶好調、復帰した中畑は一塁へ回ると、さらに巨人も絶好調。4年ぶりリーグ優勝、8年ぶり日本一に輝いた。

 中畑は「悔しいけど、俺がケガしたから、すべてうまく回ったんだね」と振り返っている。そして、こう続けた。「なぜか俺は、その後も、そういうことが多いんだよね」。83年は一塁手の駒田徳広が成長、春のキャンプにファーストミットだけを持って参加して、レギュラー死守をアピールするも、開幕2試合目を前に右腕尺骨を打撲。急遽、一塁手として先発出場した駒田の初打席が満塁弾だった。このときは駒田から一塁の座を奪い返したが、たまたま駒田の初打席が満塁の場面だったという偶然も含めて、中畑が駒田の“満塁男”としてのデビューを呼び込んだと考えることもできそうだ。

 中畑にとってプロ14年目となる89年は藤田監督が復帰、原が外野へ回り、駒田が一塁、中畑は三塁という陣容に。だが、やはり中畑は故障。このときのケガは中畑に引退を決断させるのだが、これもまた、奇跡の序章だった。この奇跡については、次回あらためて詳しく。

文=犬企画マンホール 写真=BBM