日本人のシーズン最多本塁打は、王貞治が1964年に記録した55本。次いで、野村克也と落合博満の52本となっている。現役の日本人選手では、西武の中村剛也の48本塁打が最多だが、中村に次ぐ数字を残しているのは誰なのかご存じだろうか? 現役選手の「シーズン最多本塁打数ランキング」を紹介する。

最多は西武・中村だが次に多いのは……?



09、11年に48本塁打を放った西武・中村

 2022年1月14日時点でNPBに在籍している選手のシーズン本塁打数を調べ、本数が多い順にTop10をまとめてみた。

第1位 48本塁打 中村剛也(西武/2009年・2011年)
第2位 47本塁打 山川穂高(西武/2018年)
第3位 46本塁打 中村剛也(西武/2008年)
第4位 43本塁打 山川穂高(西武/2019年)
第5位 40本塁打 坂本勇人(巨人/2019年)
第6位 39本塁打 丸佳浩(広島/2018年)
同6位 39本塁打 岡本和真(巨人/2021年)
同6位 39本塁打 村上宗隆(ヤクルト/2021年)
第9位 38本塁打 山田哲人(ヤクルト/2015年、2016年)
同9位 38本塁打 鈴木誠也(広島/2021年)

 現役最多は先述のように西武の中村で48本。2009年、2011年と2度記録している。この数字に次ぐのが同じく西武の山川穂高。2018年に47本塁打を記録し、本塁打王に輝いた。第3位は46本塁打で再び中村。第4位は43本塁打で山川がランクインと、西武のスラッガー2人がシーズン本塁打ランキング上位を独占。この2人がいかに突出した存在なのかが分かるだろう。


19年に自己最多の40本塁打を放った巨人・坂本

 第5位は坂本勇人。2019年は前半だけで21本と例年以上に長打力を発揮した年で、最終的に長嶋茂雄を抜いて巨人生え抜き右打者では最多となる40本塁打をマークした。現役日本人選手でシーズン40本塁打を放っているのは中村、山川、坂本の3人のみ。それだけシーズン40本は難しい記録なのだ。

 第6位は39本塁打で3人が並ぶ。現在は巨人に所属の丸は、広島時代の2018年に39本塁打をマーク。タイトルは最高出塁率のみとなったが、打率.306、97打点と活躍し、2年連続でリーグMVPに選出された。昨季、激しい本塁打王本争いを繰り広げ、最終的に同数でダブル受賞となった巨人・岡本和真とヤクルトの村上宗隆も39本塁打。共に40本以上も期待されるペースだったが、終盤で失速し、大台には届かなかった。



ポスティングでメジャー移籍を目指す鈴木は昨季38本塁打

 9位にランクインしたのは、まずはトリプルスリー男の山田哲人。初のトリプルスリーを達成した2015年、2年連続でのトリプルスリーとなった2016年に38本塁打をマークした。また、現在ポスティングでのメジャー移籍を目指す鈴木誠也は、2021年に38本塁打を記録。終盤戦、本塁打トップの岡本、村上にあと一歩のところまで迫った。

 ちなみに、外国人選手を含む現役選手全体で見た場合も、歴代最多60本塁打のウラディミール・バレンティンが昨季でソフトバンクを退団し、所属未定のため中村剛也が最多となる。助っ人最多はDeNAのネフタリ・ソトで2019年に記録した43本塁打。山川と並んで4位タイ。ソトは2018年にも41本塁打を放っている。他には、ロッテのブランドン・レアードが日本ハム時代の2016年に39本をマーク。岡本や村上と並んでいる。

 現役日本人選手のシーズン本塁打数は48本の西武・中村が最多で、次いで山川となっている。上位はこの2人が独占しているが、今シーズンこの2人に割って入る日本人選手は出てくるのだろうか。2年目を迎える阪神の佐藤輝明など、期待の若手長距離砲も多いため、楽しみなシーズンになりそうだ。

文=中田ボンベ@dcp 写真=BBM