5月は防御率0.58と抜群の安定感を見せた上沢

 5月度のパ・リーグ月間MVPが発表され、投手部門は上沢直之(日本ハム)、打者部門は山川穂高(西武)が選ばれた。

 上沢は5月度4試合に先発登板。すべての試合で7回以上を投げ、自責点2以下に抑える安定感抜群の投球でリーグトップの4勝、防御率0.58の成績を残した。開幕から6試合白星を挙げられずに迎えた5月7日の西武戦(ベルーナ)で7回4安打、2失点、8奪三振の好投で待望の今季初勝利を挙げる。14日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で8回、21日の西武戦(札幌ドーム)で7回を無失点投球し連勝。27日の巨人戦(札幌ドーム)では2失点(自責点0)し、連続無失点はストップしたものの、9回を投げ抜き、今季初の完投勝利。苦しんだ3、4月から一転し、5月は負けなしの自身4連勝。先発投手陣の中心としてチームをけん引した。

 プロ11年目で初の月間MVP賞受賞だった。

【上沢の5月成績】
4試合 4勝0敗 投球回31 回 防御率0.58 奪三振23 自責点2


抜群の勝負強さを見せ、本塁打も量産した山川

 山川は5月度チームの全23試合に先発出場し、リーグトップの9本塁打、長打率.692の成績を残した。5月終了時点で山川が本塁打を放った全14試合でチームは全勝。山川は5月に9本の本塁打を放ち、うち先制打2本、同点打1本、逆転打1本、勝ち越し打1本とチームの勝利につながる本塁打を量産した。また本塁打ばかりでなく、7試合連続安打を含む19試合で安打を放つなど、チャンスメークにおいても優れた成績を残し、四番打者としてチームをけん引した。

 自らが持つチーム最多受賞回数を更新する、2019年3、4月以来6度目の受賞となった。

【山川の5月成績】
23試合 打率.321 25安打 9本塁打 18打点

写真=BBM