神奈川は左腕が多い?



横浜高の松坂は東京出身だ

 泣いても笑っても(?)縁が深い神奈川県と東京都。1998年に神奈川の横浜高でエースとして甲子園で春夏連覇を成し遂げた松坂大輔(西武ほか)は東京の出身であり、選手の出身地と卒業した高校の所在地で別々に時空を超えたドリームチームを編成するとしたら、似たような顔ぶれで別々のチームができそうなのが神奈川と東京だ。巨人を率いる原辰徳監督のように神奈川の出身でプロでは東京のチームでスターとなる選手も多く、古くは神奈川の法政二高でエースとして夏春連覇を達成した柴田勲が巨人で野手として一世を風靡した。

 原の甥で同じく神奈川の東海大相模高を出た現役の菅野智之(巨人)も神奈川の出身だ。逆に県庁所在地の横浜に本拠地を置くDeNAでエースとなった投手は皆無だが、横浜高が甲子園で頂点に立った98年にプロの横浜でセットアッパーとして活躍した阿波野秀幸は桜丘高を出て、近鉄でエースとして活躍した左腕。横浜高からは川崎のロッテへ左腕の愛甲猛が入団したが、打者として大成した。現役の左腕にも桐光学園高の松井裕樹(楽天)がいる。ただ、神奈川の左腕エース筆頭は日大藤沢高の山本昌広(山本昌。中日)だろう。通算219勝は現時点では出身者の最多だ。右腕には藤嶺藤沢高の石井貴(西武)もいる。

 一方、東京で甲子園のエースとなり、プロでは打者として868本塁打を積み上げたのが早実の王貞治だが、のちに早実でアイドル的な人気を誇ったのが荒木大輔(ヤクルトほか)だ。早実にはプロで荒木を超える勝ち星を残した石井丈裕(西武ほか)もいる。ほかにも修徳高の成田文男(ロッテ)や日大三高の佐藤道郎(南海、現在のソフトバンクほか)、帝京高の伊東昭光(ヤクルト)に明大中野高の武田一浩(日本ハムほか)ら首都らしい盤石の陣容。近年では成田の後輩でもある高橋尚成(巨人ほか)や岩隈久志(楽天ほか)らメジャーで活躍した投手もいるが、東京のプロ最多勝は帝京商(帝京大学高)の杉下茂(中日ほか)で215勝。ちなみに中日では、15歳でプロ入りして戦前は投手として活躍した西沢道夫も東京の出身だった。

文=犬企画マンホール 写真=BBM