87年のV戦士たちに落合を突っ込むと



のちに巨人でプレーすることになる落合

 1986年オフ、ロッテで2年連続3度目の三冠王に輝いた落合博満のトレード志願は衝撃的だった。有力だったのが巨人への移籍だったが、最終的には牛島和彦ら4人との交換で中日へ。就任したばかりの星野仙一監督が「オチ(落合)を巨人に取られたら10年は優勝できん」と球団にハッパをかけたためだという。

 ただ、のちに巨人へFAで移籍することになる落合。もし移籍のタイミングが86年オフだったら、どうなっていただろう。歴史にifはナンセンスだが、『はみだし録』らしく、はみだしながら考察してみたい。とはいっても、やることはシンプル。週刊ベースボール関連のムック本などにある巨人のベストオーダーに、落合を四番で、守備位置を変えずに強引に入れ込み、ポジションの重なる選手を自動的に外すと、以下のようになる。

1(左)松本匡史
2(遊)岡崎郁
3(中)クロマティ
4(三)落合博満
5(右)吉村禎章
6(二)篠塚利夫
7(一)中畑清
8(捕)山倉和博
9(投)桑田真澄

 落合は86年も87年も三塁手だった。実際の87年は落合がいなくても巨人は優勝しているのだが、そんなリーグ最強の打線から落合に弾かれる形となったのは、落合の獲得に当たって85年オフにも落合の獲得を狙っていた巨人が「原(辰徳)以外なら誰でも出す」と言っていたという四番の原だ。ちなみに、トレード要員として名前が挙がっていたといわれるのは西本聖、斎藤雅樹、水野雄仁ら投手たちで、原は同じ三塁手でもあり、原が残留であれば、激しいポジション争い、あるいは守備に器用な面々でもあり、玉突きのような守備のコンバートが展開されていただろう。そうなると……。

 歴史のifは夢の世界。数のいる酒席の後ろめたさも薄くなってきたなってきた昨今。続きは皆さん、ビールでも片手に。

文=犬企画マンホール 写真=BBM