攻守走で抜群の野球センス



巨人からドラフト1位指名された浅野

 5年ぶりのBクラスに沈んだ巨人の光が、ドラフト1位指名で当たりクジを引き当てた高松商・浅野翔吾だ。

 高3夏の甲子園で初戦・佐久長聖戦で2打席連続アーチ、準々決勝・近江戦では西武からドラフト5位指名を受けた山田陽翔からバックスクリーンに2ランをたたき込むなど、猛打賞の活躍で一気に知名度を上げた。高校通算68本塁打を放ち、攻守走で抜群の野球センスを誇る。

 12球団が熱視線を送る中、特に熱心だったのが巨人だった。9月28日に球団事務所でスカウト会議を開き、浅野を1位指名する方針を固めた。異例の公表は、クジで競合する球団を減らしたい思惑もあっただろう。1位指名は11連敗中、原辰徳監督も6連敗中だったが、ドラフト当日に阪神との競合で原監督が見事に当たりクジを引き当て、満面の笑み。浅野は「伝統あるジャイアンツから指名をいただいてうれしい」と会見場で感謝を口にした上で、「簡単に試合に出られるとは思っていないが、イチから球界を代表する選手になりたいし、応援が多くて熱心なジャイアンツファンばかりでなく、プロ野球ファンから愛される選手になりたい」と誓った。

巨人の“高卒ドライチ”スラッガー



巨人にドラフト1位で入団して本塁打を量産した松井

 巨人が獲得した高校生スラッガーで浮かぶのは、松井秀喜(現ヤンキースGM特別アドバイザー)だ。ドラフトでは巨人、阪神、ダイエー、中日の4球団が1位指名で競合。13年ぶりに巨人の監督に復帰した当時の長嶋茂雄監督(現巨人終身名誉監督)が当たりクジを引き当てた。その後の活躍は周知の事実だ。巨人で本塁打王、打点王を3度、首位打者1度と球界を代表する選手に駆け上がり、ヤンキースでも主軸として活躍。「ゴジラ」の愛称でファンから愛され、日米通算507本塁打をマークした。

 岡本和真も高卒ドラフト1位のスラッガーだ。智弁学園で高校通算73本塁打を記録し、巨人に単独1位指名で入団する。プロ4年目の18年に一軍定着し、打率.309、33本塁打、100打点と大ブレークすると、同年から5年連続30本塁打をマーク。2020、21年には本塁打、打点王の2冠に輝いている。

 クリーンアップを打つ強打者の系譜として、浅野も将来を嘱望されるが、アマチュア野球の担当記者は「松井、岡本のような長距離砲ではない」と指摘する。

「パンチ力は大きな魅力ですが、浅野は攻守走3拍子そろったプレースタイルで打率3割、30盗塁をコンスタントにマークできる選手だと思います。選球眼も優れていますし、左打者ですが丸佳浩にタイプは近い。丸も高卒で広島に入団し、俊足巧打で外野のレギュラーをつかんだので、良きお手本になると思います」

アルトゥーベのように



低身長ながらメジャーで強打を発揮するアルトゥーベ

 浅野はドラフト前に週刊ベースボールのインタビューで、こう語っている。

「高校では長距離打者と言われてきましたけど、もし、上の世界でできれば、中距離打者で本塁打も打てて、安打を打ち、チャンスメークが仕事になる。自分より体の大きな選手に対し、真正面から立ち向かうよりは、自分のずっと生き残れる道を進んでいこう、と思います。目指すタイプはアストロズのアルトゥーベ選手。なぜ、あの体格でも飛ばせるのか、動画を見て一から研究していきたい」

 ホセ・アルトゥーベは身長168センチとメジャーで非常に小柄だが、首位打者を3度、盗塁王を2度獲得し、シーズン最多安打を4度記録。30本塁打以上も2度達成している。浅野も身長171センチとプロで小柄な部類に入るが、無限の可能性を秘めている。

写真=BBM