優勝に貢献した新星



今季、1177日ぶりの勝利を飾った梅津晃大[左は龍空]

 新星のブレークはチームの大きな手助けになる。

 38年ぶりの日本一に輝いた阪神は村上頌樹と大竹耕太郎が先発の柱に。村上は昨季までプロ未勝利だったが、大卒3年目の今季10勝6敗、防御率1.75と抜群の安定感で最優秀防御率のタイトルを獲得。昨オフに現役ドラフトでソフトバンクから移籍した大竹は両コーナーに投げ分ける緻密な制球力で12勝2敗、防御率2.26をマーク。2人で計22勝をマークし、14の貯金を作った。首位を独走した阪神だが、村上と大竹の存在なしに快進撃は成し遂げられなかっただろう。

 リーグ3連覇を飾ったオリックスも次々に投手が台頭している。今年は高卒3年目の山下舜平大が開幕投手で一軍デビューを飾り、身長190cmの長身から投げ下ろす最速160キロの剛速球を武器に9勝3敗、防御率1.61をマーク。8月27日に腰の張りを訴えて戦列を離れ、ポストシーズンでの登板はなかったが十分に合格点を与えられる。絶対的エース・山本由伸が今オフにポスティング・システムでメジャー移籍を目指しており、山下は後継者として期待が大きい。

 育成契約からはい上がった東晃平も7月下旬に先発ローテーションに入ると無傷の6連勝を飾り、防御率2.06をマーク。阪神と対戦した日本シリーズ第3戦では5回1失点と敵地・甲子園で粘投し、育成出身で球団初の日本シリーズ先発勝利を挙げた。

1177日ぶりの勝利をマーク


 来季にブレークする有力候補は誰か。他球団の首脳陣は迷わず、「中日の梅津でしょう」と即答した。

「能力で言えば高橋宏斗に匹敵する。すごい球を投げていたし、今年のシーズン終盤の投球をされたらなかなか連打が出ない。故障なくシーズンを通じて先発で回れば、2ケタ勝利はクリアできる力を持っている」

 身長187cm、体重95kgの恵まれた体格からしなやかなフォームで投げ込む姿が、大谷翔平(エンゼルス)を彷彿とさせる。投げている球もえげつない。昨年3月に右肘内側側副靱帯再建術(トミー・ジョン手術)を受け、リハビリ生活を経て今年8月31日のヤクルト戦(バンテリン)で817日ぶりに一軍マウンドへ復帰。直球は自己最速を2キロ更新する155キロを計測し、うなりを上げていた。

 9月25日の阪神戦(バンテリン)で8回1失点と好投し、1177日ぶりの白星をマーク。3試合に登板して防御率0.95、計161球投げた直球の平均球速は150.3キロだった。今季直球の平均球速が150キロを超えたセ・リーグの日本人先発投手は、152.3キロを叩き出したチームメートの高橋宏と2人のみだ。

ケガとの闘いを乗り越える


 梅津はアマチュア時代から故障との闘いだった。東洋大では4年秋にリーグ戦初勝利を挙げている。同学年に甲斐野央(ソフトバンク)、上茶谷大河(DeNA)、中川圭太(オリックス)、末包昇大(広島)、藤井聖(楽天)と逸材がそろっている中、梅津は大学時代に目立った実績を残せなかったがスケールの大きい投球で一目置かれていた。中日にドラフト2位で指名されたのも、潜在能力を高く評価されたからだった。


トミー・ジョン手術から復活を果たして今季、最多勝、勝率第一位に輝いた東

 プロ入り後も故障で投げられない時期のほうが長かったが、今年のシーズン終盤に復帰して大きな光を見出した。良きお手本がいる。投手としてのタイプは違うが、トミー・ジョン手術から鮮やかに復活した東克樹(DeNA)だ。入団1年目の2018年に11勝を挙げたが、その後は左肘痛で思うように投げられない日々が続いた。21、22年は1勝止まり。だが、今季は16勝3敗、防御率1.98と自己最高の成績で、最多勝、最高勝率(.842)のタイトルを獲得した。

 梅津もプロ6年目の来季は大輪の花を咲かせることができるか。チームが2年連続最下位に低迷した中、先発ローテーションの中心で稼働する活躍を見せたい。

写真=BBM