高校では奥川恭伸とコンビ



山瀬が今季、どこまで成長するか楽しみだ

 ソフトバンクの黄金時代を支え、侍ジャパン常連の甲斐拓也が一目置く強肩の捕手が、巨人・山瀬慎之助だ。

 スポーツ紙記者は、「肩の強さで言えば球界トップクラスです。小林誠司の全盛期より上なのでは。送球も正確なので大きな武器になる。2月の春季キャンプは一軍スタートなので大城卓三、岸田行倫に食らいついていけるか。まだまだ攻守でレベルアップが必要ですが、将来の正捕手候補であることは間違いない」と期待を込める。

 星稜高で高校球界を代表する捕手として名を轟かせた。山瀬で連想するのが、奥川恭伸(ヤクルト)とのコンビだ。小4からバッテリーを組み、中学時代は軟式野球大会で全国制覇。星稜高に進学すると1年生で共に主力になり、2年春から4季連続甲子園に出場し、3年夏は準優勝に輝いた。

 糸を引くような軌道の強肩は高校レベルを超えていた。巨人にドラフト5位で指名されたが、運命だったのかもしれない。名前の由来でもあり、幼少時からあこがれた阿部慎之助二軍監督(現監督)の指導を受けた。ティー打撃の個別指導では、「キツい練習は覚悟していましたけど、もう限界です」苦笑い。それでも、期待の大きさは伝わっている。「あこがれの人から指導を受けるのは恵まれたことだと思います。幸せを感じながらやっています」と目を輝かせていた。

勝負の怖さも味わって


 阿部監督が現役引退し、二軍監督に就任したのは20年。入団1年目の山瀬はファームで薫陶を受けてきただけに、目指す野球の方向性は理解しているだろう。攻守でメキメキ力をつけている。22年は開幕一軍入りを果たすと、6月9日の西武戦(ベルーナ)に「九番・捕手」でプロ初スタメンを飾り、4回に隅田知一郎からプロ初安打をマークした。翌10日の楽天戦(楽天生命パーク)では戸郷翔征とバッテリーを組み、プロ初完投勝利に導くなど4試合連続先発マスクをかぶった。

 勝負の怖さも味わった。昨年4月27日の阪神戦(甲子園)では先発の山崎伊織が3回途中8失点KOを喫し、山瀬は5回から途中出場でマスクをかぶったが、勢いに乗る阪神打線を止められず7点を奪われて計15失点。先発マスクをかぶった5月5日の中日戦(バンテリン)では3対2と1点リードの8回に、一挙6点を奪われて逆転負けを喫した。もちろん、山瀬1人の責任ではないが、白星に導くことで首脳陣の信頼を高められる。悔しさは大きかっただろう。5試合出場で打率.143、0本塁打。5月28日にファーム降格すると、再昇格は叶わなかった。

目指すべきは「守備型捕手」



球界一の守備能力を誇る捕手・甲斐

 昨年のWBCで侍ジャパンのメンバーとして世界一に貢献した正捕手・大城卓三の壁は高い。今年に一気に正捕手をつかむというのは難しいかもしれないが、山瀬は大城とタイプが違う。目指すべき像は、同じ「守備型捕手」の甲斐だろう。

 千賀滉大(現メッツ)と共に育成枠で入団し、ソフトバンクの黄金時代の正捕手にのぼりつめた。「甲斐キャノン」と呼ばれる強肩が大きな武器で、18年に盗塁阻止率.447、21年に.452と圧巻の数字をマーク。活躍が印象深いのは、広島と対戦した18年の日本シリーズだ。シリーズ新記録となる6連続盗塁阻止に成功し、育成ドラフト出身選手で初のMVPを受賞。侍ジャパンでも21年の東京五輪で金メダル、昨年のWBC制覇に貢献している。

 現役時代に名捕手として活躍した野村克也氏は生前に週刊ベースボールで甲斐と対談した際、「今日、いろいろと言葉を交わして思ったけど、甲斐君は今のままでいい。本当に典型的な捕手だよ。控えめだし、『功は人に譲る』精神が見える。今後、ドンドンいい捕手になると思う。ソフトバンクはしばらく万々歳だね。キャッチャーは第二の監督。特に守っているときは監督以上のことをやっているから。1球1球、指示して、野球のドラマをつくっているわけだから。すごく大変なポジションだけど、いい捕手を見つけたな」と絶賛している。

 強肩、フレーミング技術、高度な配球術……甲斐から学ぶべき点は多い。山瀬は自主トレで得た財産を生かせるか。阿部監督が今年から就任して捕手の起用法が注目される中、春季キャンプから存在感を発揮したい。

写真=BBM