若手が次々に台頭するチームは強い。2021年からリーグ3連覇を飾ったオリックスは象徴的なチームだ。宮城大弥、紅林弘太郎、宇田川優希、山下舜平大ら成長著しい選手たちが中心選手として躍動している。昨季は日本ハム・万波中正が25本塁打を放ち、長距離砲としての素質を開花させた。今回はパ・リーグで各球団の若手成長株を取り上げたが、チームに大きなプラスアルファをもたらす若武者は現れるか。


ソフトバンク・リチャード

・リチャード(ソフトバンク)
※昨季成績 22試合出場、打率.115、0本塁打、1打点、0盗塁
※通算成績 79試合出場、打率.157、10本塁打、26打点、0盗塁
 
 昨季はウエスタン・リーグで4年連続本塁打王、2年連続打点王を獲得したが、一軍では結果を残せず。逆方向にも長打を放つ長距離砲として稀有な才能を持ちながら、確実性の低さがネックになっている。今年の春季キャンプはB組(二軍)スタートに。「二軍の帝王」で終わるのは惜しい。二軍監督で指導を受けた小久保裕紀監督の信頼を勝ち取るには、実戦でアピールするしかない。

・野口智哉(オリックス)
※昨季成績 76試合出場、打率.226、2本塁打、19打点、4盗塁
※通算成績 130試合出場、打率.226、3本塁打、25打点、4盗塁

 俊足、強肩に加えて豪快なフルスイングが魅力だが、残している数字には物足りなさを感じる。得点圏打率.306と勝負強さが光ったが、確実性を高めればさらに怖い打者になる。目指すべき打撃像でお手本になるのが、共に自主トレを行った森友哉だ。豪快なスイングが代名詞だが、2019年に首位打者を獲得するなどミート能力が際立っている。今年は打率を大幅に上げ、不動のレギュラーをつかみたい。

・藤原恭大(ロッテ)
※昨季成績 103試合出場、打率.238、3本塁打、21打点、5盗塁
※通算成績 262試合出場、打率.227、12本塁打、60打点、25盗塁

 ドラフト1位で3球団が競合し、将来の中心選手として嘱望されたが伸び悩んでいる。昨季は春先が好調だったが、6月以降は下降線に。外野の守備でも安定感を欠いた。今年は24歳を迎え、将来を見据えて起用される時期は過ぎようとしている。求められる役割はミート能力を高めたリードオフマンだ。きっかけをつかみ、殻を破れるか。今年は野球人生の分岐点になりそうだ。

・黒川史陽(楽天)
※昨季成績 9試合出場、打率.091、1本塁打、2打点、0盗塁
※通算成績 70試合出場、打率.184、2本塁打、14打点、0盗塁

ファームでは格の違いを見せているだけにもどかしい。昨年は初の開幕一軍に抜擢されたが結果を残せず。6月上旬にファーム降格すると、一軍から再び声がかかることはなかった。イースタン・リーグでは打率.307、5本塁打、55打点ときっちり結果を残している。今江敏晃新監督の下、春季キャンプは1軍スタートを切った。プロ5年目の今季は内野のレギュラーをつかみ、一軍でシーズンを完走したい。


西武・蛭間

・蛭間拓哉(西武)
※昨季成績 56試合出場、打率.232、2本塁打、20打点、0盗塁
※通算成績 56試合出場、打率.232、2本塁打、20打点、0盗塁

 大卒1年目の昨季は開幕二軍スタートだったが、ファームで結果を残して6月下旬に一軍昇格。広角に安打を打ち、三番に起用された時期もあった。9月に調子を落として数字が下がったが、未知だったプロの世界を1年間経験して手応えをつかんだだろう。コンタクト能力が高く、対左投手で打率.297と苦手意識はない。大卒の同期入団で1年目から活躍した門脇誠(巨人)、森下翔太(阪神)に負けられない。

・達孝太(日本ハム)
※昨季成績 一軍登板なし
※通算成績 1試合登板、0勝0敗、防御率0.00

 将来のエースと期待される右腕は高卒2年目の昨季一軍登板なし。イースタン・リーグで14試合登板し、2勝5敗、防御率5.15だった。集中打を浴びる場面が見られたが、43回2/3を投げて42三振を奪っている。入団当初は線が細かった194センチ右腕だったが、肉体が分厚くなり球に力強さが増している。山下舜平大が高卒3年目の昨季9勝をマークして新人王を獲得した。達も覚醒に期待したい。

写真=BBM