年が明け、各チームの陣容がほぼ固まった。新加入選手名鑑に続き、ここでは最新のメンバーリストを掲載する。
※情報は2021年1月10日現在


井口監督の柔軟な采配も光り、昨季はリーグ2位に躍進。若き力で今季は優勝を目指す

[2020年成績]パ2位 60勝57敗3分 打率.235 防御率3.81

 昨オフは積極補強を敢行も、今季は支配下の新人5人に加えて、内野の層を厚くするべくメジャーの実績ある守備の名手・エチェバリアを獲得したのみ。一方で唐川侑己、荻野貴司らがFA宣言せずに残留も、権利を行使した澤村拓一、松永昂大が退団する可能性があり、大きな戦力の上積みはない。

 とはいえ、昨季リーグ2位に入ったチームは着実に戦力値を上げている。22歳・安田尚憲が四番に定着しつつあり、21歳・藤原恭大が昨季終盤に頭角を現すほか俊足が武器の22歳・和田康士朗らフレッシュな面々が顔をそろえる。投手陣も石川歩、美馬学の先発2本柱に加え、二木康太の安定感が増。昨季は小島和哉、岩下大輝が先発ローテを守った。種市篤暉がトミー・ジョン手術を受けて今季中の復帰は厳しいものの、2年目の最速163キロ右腕・佐々木朗希の実戦デビューの可能性が高く“若き力”を武器にリーグ優勝を目指す。

 指揮を執る井口資仁監督は今季で就任4年目。ヘッドコーチには二軍監督から今岡真訪を呼び、昨季までのヘッドコーチ・鳥越裕介は二軍監督に。今季の躍進に加え、若手育成にも力を注いで常勝の礎を築く。

担当記者のこの男の“ココ”に注目! 佐々木朗希



投手/#17 [2020年成績]登板なし

エンジン支えるボディーを手に

 1年目は“一軍帯同”で、実戦未登板の最速163キロ右腕だが、体づくりに終始した1年を経て下半身が大きくなっている。規格外のエンジンを支えるボディーを手に、ベールを脱ぐであろう2年目。待った分だけ期待もふくらんでいる。 (TA)

千葉ロッテマリーンズ 2021 メンバー表


注釈:〇=新加入、□=復帰、★=20年オフに支配下から育成、■=背番号変更、名前横は背番号。空欄は未定

【監督】
6井口資仁

【一軍コーチ】
77今岡真訪、□森脇浩司、71吉井理人、89川越英隆、84清水将海、96河野亮、81伊志嶺翔大、80大塚明、72的場直樹、97菊地大祐

【二軍監督】
88鳥越裕介

【二軍コーチ】
70福浦和也、82小野晋吾、78大隣憲司、73金澤岳、87根元俊一、83諸積兼司、75堀幸一、74小坂誠、〇大谷智久、98根本淳平

【投手】
11佐々木千隼、12石川歩、15美馬学、16種市篤暉、17佐々木朗希、18二木康太、19唐川侑己、20東條大樹、24東妻勇輔、27山本大貴、29西野勇士、30石崎剛、33南昌輝、34土肥星也、〇35鈴木昭汰、36有吉優樹、37小野郁、41成田翔、42ハーマン、43小島和哉、46岩下大輝、47田中靖洋、48中村稔弥、52益田直也、〇56中森俊介、〇58河村説人、60横山陸人、62永野将司、64大嶺祐太、65古谷拓郎、69土居豪人、■76フローレス

【育成投手】
120本前郁也、〇121小沼健太、123森遼大朗、★126原嵩、128アコスタ、〇129佐藤奨真

【捕手】
22田村龍弘、32佐藤都志也、39吉田裕太、45宗接唯人、53江村直也、99柿沼友哉

【育成捕手】
〇122谷川唯人、125植田将太

【内野手】
00鳥谷敬、4藤岡裕大、5安田尚憲、7中村奨吾、13平沢大河、23三木亮、40福田光輝、44井上晴哉、50松田進、54レアード、〇57小川龍成、67茶谷健太、68西巻賢二、〇エチェバリア

【育成内野手】
127高濱卓也、〇ペラルタ

【外野手】
0荻野貴司、1清田育宏、2藤原恭大、3角中勝也、7福田秀平、10加藤翔平、25岡大海、31菅野剛士、38高部瑛斗、51山口航輝、〇59西川僚祐、63和田康士朗、79マーティン

【育成外野手】
〇124山本大斗、〇サントス