エンゼルス・大谷翔平[写真=Getty Images]

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地でのホワイトソックス戦に「3番・指名打者」で出場した。2本の内野安打を放つなど、4打数2安打2三振1死球で打率は.256。チームは9対3で勝利している。

 3番での出場は5月16日(同17日)のレッドソックス戦以来、約4カ月ぶり。ホワイトソックス先発の右腕ペレスに対した初回の第1打席は、一塁ベースに直撃する内野安打で3試合ぶりとなる安打をマーク。3回の第2打席は空振り三振に倒れた。

 5回先頭で回ってきた第3打席は、2番手の左腕フライと対戦。初球の内角シンカーをいい角度で右方向に打ち返したが、右翼ポール際への特大ファウルで惜しくも45号本塁打とはならなかった。この打席は二塁への内野安打となり、今季35度目となるマルチ安打を記録した。

 4番手の右腕ルイーズと対した7回先頭での第4打席は、この日2つ目となる空振り三振。9対3とリードして迎えた9回2死走者なしでの第5打席は、6番手の右腕ライトから死球を受けて出塁。この投球が故意の死球と判断され、投手のライトと判定に抗議したラルーサ監督が退場処分を受ける事態となった。

 前日まで2試合ノーヒットだった大谷は2安打と特大ファウルで復調ぶりを示したが、期待された45号は生まれず。この日は本塁打王争いで大谷と並ぶ2位タイにつけていたロイヤルズのペレスが3戦連発の45号を放ち、ブルージェイズのゲレーロJr.に並ぶリーグ首位タイとなっている。

 また、大谷は17日(同18日)に本拠地でのアスレチックス戦で先発が予定されていたが、昨日のキャッチボール中に右腕に張りを感じたため登板は回避されることに。ベーブ・ルース以来103年ぶりとなる2桁勝利&2桁本塁打の偉業がかかる次回登板は、今後の状態を見て判断されることとなった。