エンゼルス・大谷翔平[写真=Getty Images]

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地でのマリナーズ戦に「2番・投手」で投打同時出場した。投手としては7回5安打10奪三振1失点の好投を見せたが、今季10勝目はならず9勝2敗のまま。ベーブ・ルース以来103年ぶりの大記録となる2桁勝利&2桁本塁打の達成はまたも持ち越しとなった。打席では3打数1安打で打率.258。チームはリリーフ陣が打たれて1対5で敗れている。

 本拠地最終戦のマウンドに上がった大谷は初回、先頭のクロフォードに右安打を許すも3番シーガー、4番ハニガーを連続の空振り三振に打ち取るなど無失点の立ち上がりを見せる。2回から4回までは三者凡退で毎回の6奪三振と、気迫あふれる投球で試合をつくった。5回、6回は続けて1死一、二塁のピンチをまねいたが、いずれも要所を締めて無失点。2回にスズキの本塁打で挙げた1点を6回まで守った。

 しかし、7回に1死走者なしから左打者の7番ケリニックに痛恨の被弾。1ボール1ストライクからやや高めに入ったスライダーを右翼スタンドに運ばれ、同点とされた。7回を終えたところで球数は112球に達し、1対1の同点で降板。最後の打者バウアーズを99.2マイル(約159.6キロ)のフォーシームで空振り三振に打ち取るなど最後まで力投を見せたが、惜しくも勝ち星には届かなかった。この試合を終えての防御率は3.18。

 打撃ではエンゼルス先発の左腕ゴンザレスに対して初回の第1打席は一ゴロ、3回の第2打席は中飛に倒れたが、6回先頭での第3打席で中安打。3打数1安打で打率.258となった。注目の本塁打王争いは46本でトップに並ぶブルージェイズのゲレーロJr.とロイヤルズのペレスにも一発は出ず、45本で追う大谷との差は1本のままとなっている。

 ベーブ・ルース以来103年ぶりとなる2桁勝利&2桁本塁打の偉業達成は3度目の持ち越しに。中6日であれば今季最終戦となる10月3日(同4日)のマリナーズ戦で今季最後の先発の可能性があり、大記録達成の行方が注目される。