ヤクルト・高津臣吾監督

ヤクルト勝てば優勝に王手、阪神連勝なら0.5差


 優勝争いが佳境を迎えているセ・リーグは、首位ヤクルトと2位阪神がレギュラーシーズン最後の直接対決に臨む。ヤクルトはマジック4で甲子園に乗り込み、天王山に2連勝すれば優勝が決まる状況だったが、昨日は打線の組み換えが功を奏した阪神が16安打で11対0と大勝。目の前でヤクルトに胴上げを許す最悪のシナリオは阻止し、逆転優勝に望みをつないだ。

 本日の先発は阪神がガンケル、ヤクルトが高橋奎二。阪神先発のガンケルは今季ヤクルト戦に5試合登板して2勝0敗、防御率2.25。しかし、前回登板となった今月10日のヤクルト戦では初回に3四死球を与えるなど安定感を欠き、青木宣親にバックスクリーンへのソロ本塁打を許すなど3回2失点で早々に降板している。一方、ヤクルト先発の高橋は今季阪神戦2試合に登板して1勝0敗、防御率3.27。前回、今月9日の阪神戦では勝敗こそつかなかったが、5回3安打8奪三振1失点の好投を見せている。

 ヤクルトが勝利すればマジック2となり、最短で明日21日に優勝が決まる可能性がある。反対に阪神が本拠地で連勝を飾ればゲーム差は0.5。明日以降、阪神は残り3試合、ヤクルトは5試合とヤクルト有利の状況に変わりはないが、優勝の行方は分からなくなる。

 一方のパ・リーグもオリックスとロッテの優勝争いが熾烈な状況だ。18日には2位ながらマジックを点灯させていたロッテが首位に浮上。しかし昨日、オリックスが楽天に勝利し、ロッテがソフトバンクに敗れたことで再びオリックスが首位に立った。ロッテは残り6試合でマジック6。しかし、残り3試合のオリックスは本日20日の楽天戦、明日21日の西武戦に連勝し、23日にロッテが敗れればマジック1が点灯する。その場合、24日にロッテが敗れると、試合のないオリックスの優勝が決まる展開となる。

巨人・岡本、ヤクルト・村上の熾烈な2冠争いの行方は



岡本和真[左]村上宗隆[右]

 個人のタイトル争いも佳境を迎えているが、なかでもセ・リーグで本塁打と打点の2冠を争う巨人・岡本和真とヤクルト・村上宗隆の戦いが激しい。本塁打王争いはともに39本で並び、打点王争いでは岡本が112打点でトップ、村上が107打点で2位という状況。残り試合は巨人が2、ヤクルトが6となっており最後まで目が離せない。

 本日は巨人がDeNA戦、ヤクルトは阪神との天王山に臨む。DeNAの先発右腕・上茶谷大河に対して岡本は今季、3打席で2打数無安打。一方、村上は阪神の先発右腕・ガンケルに対して14打席で10打数2安打1打点5三振4四死球となっている。

 また、今季中に達成される可能性のある個人記録にも注目したい。野手ではヤクルト・山田哲人が250本塁打にあと2、ロッテ・レアードが200本塁打にあと4としており、中日・大島洋平は250盗塁まであと1。投手では本日先発予定の楽天・則本昂大が1500奪三振まであと10と迫っている。