11月18日に富山市総合体育館でB1リーグ第10節第2戦が行われ、5連勝中の栃木ブレックスが富山グラウジーズと対戦した。

 ジョシュア・スミスを欠いた富山に、第1クォーター序盤に0−10のランを許すが、ジェフ・ギブスのセカンドチャンスからの得点、山崎稜の3ポイントシュート、ライアン・ロシターの得点で、17−22で第1クォーターを終了。続く第2クォーターは拮抗した展開が続くものの、出場選手がバランスよく得点を挙げ、36−39とリードを縮めた。

 第3クォーターもどちらも譲らない展開が続き、残り23秒に田原隆徳が同点の3ポイントシュートを成功した。54−54で迎えた第4クォーターは、ジェフ・ギブスが放ったシュートをすべて決める16得点の大活躍。守っては勝負どころでスティールを決めるなど11失点に抑え、最終スコアを74−65で収めた。

【試合結果】
富山グラウジーズ 65−74 栃木ブレックス(@富山市総合体育館)
富山|22|17|15|11|=65
栃木|17|19|18|20|=74