愛媛オレンジバイキングスは7月16日、岡本将大との選手契約締結を発表した。

 1992年生まれで岐阜県出身の岡本は、173センチ73キロのポイントガード。大阪商業大学卒業後の2015年に大分・愛媛ヒートデビルズ(現愛媛)へ入団すると、在籍2年目の昨季は先発16試合を含む58試合に出場し、250得点(1試合平均4.3得点)89アシスト(同1.5アシスト)を記録した。5月23日、愛媛との契約満了に伴い自由交渉選手リストに公示されたが、クラブは契約継続に向けて交渉を続けていた。

 愛媛への残留が決まった岡本は、クラブの公式HPで「今シーズンも愛媛オレンジバイキングスでプレーさせて頂く事になりました。このような機会を与えて頂いた河原(成紀)代表をはじめ、チーム関係者の方々に感謝いたします」とコメント。また、「昨シーズンより良いパフォーマンスをできるよう準備をして、9月の開幕から少しでも多くチームが勝てるよう努力をしていきますので、せひ、会場に来て一緒に闘っていただければと思います」とブースターに呼びかけた。

 なお、愛媛は16日時点で、俊野達彦、俊野佳彦、笠原太志、赤土裕典、加藤悠三との契約締結を発表している。