7月28日から8月2日にかけて福島県福島市で行われる平成29年度全国高等学校総合体育大会 バスケットボール競技大会(インターハイ)。都道府県予選を勝ち進んだ男女各59校の中から注目校をピックアップした。

■女子注目校(2)桜花学園高校(愛知県)

 言わずと知れた高校女子バスケットボール界の女王、桜花学園。インターハイ、国民体育大会(国体)、全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウインターカップ)での合計優勝回数「62」は、男子を合わせても史上最多である。インターハイに限れば、優勝が22回で、現在は5連覇中だ。

 卒業生の顔ぶれを見ても、大神雄子(トヨタ自動車アンテロープス)や渡嘉敷来夢(シアトル・ストーム、JX-ENEOSサンフラワーズ)など、国内外で活躍する選手を多数輩出している。

 一昨年はウインターカップで岐阜女子高校(岐阜県)に敗れて「高校3冠」を逃したが(さらにいえば3年連続3冠という記録も逃した)、昨年はきっちりと3冠を達成し、リベンジを果たした。

 今年のチームは例年に比べると身長の大きな選手がいない。そのため、エースガードの山本麻衣や、元プロ野球選手の父と元バレーボール日本代表選手の母を持つフォワードの藤本愛瑚を中心としたアウトサイドのバスケットがメインとなる。それでも基礎に裏打ちされた的確な動きと、高い確率のシュート、体の強さを存分に発揮し、優勝候補の先頭集団にいることは間違いない。岐阜女子には目下3連敗中だが、その差は着実に詰めてきている。今年のインターハイはシード権がなく、1回戦からの登場となるが、悪い流れを断ちきり、今年も3冠達成に挑む。

文・写真=三上太

—————————
注目校(1):岐阜女子高校(https://basketballking.jp/news/japan/highschool/20170719/19784.html)