11月17日に両国国技館で日本最大級の3on3バスケットボールイベント『J-Style presents 3x3 Basketball Tournament powered by XS』が開催された。

 日本アムウェイ合同会社が主催する同大会は、2014年にスタートし今年で6年目。年齢や性別、経験年数も問わず楽しむことができる。今年度はオーランド・マジックなどで13シーズンプレーしたニック・アンダーソン氏が登場。車いすバスケットボールのエキシビジョンゲーム、世界的パフォーマンス集団『ダンキング・デビルズ』によるアクロバティック・ダンクパフォーマンスなども行われ、大盛況で幕を閉じた。

 アンダーソン氏は、「日本へ来たのは20年ぶりのことだが、相変わらず皆さんはホスピタリティに溢れて温かく迎えてくれて感謝している。お寿司が大好きで、食事もショッピングも楽しめる。日本のNBAプレーヤー八村(塁/ワシントン・ウィザーズ)選手のことは、大学時代から見ている。NBAのシーズンは長く、82ゲームあるため、ケガをせずに健康的にいることが大切である。日本でもバスケットボールはかなり人気が出てきている。2020東京オリンピックのバスケットボールの盛りあがりにも期待している」とコメントした。