7月21日、つま恋リゾート彩の里(静岡県掛川市)で「2017 B.LEAGUE新人研修」が行われ、渡辺竜之佑(琉球ゴールデンキングス)、小原翼(富山グラウジーズ)などフレッシュな選手に加え、今年からB2へ昇格した金沢武士団、ライジングゼファー福岡の選手、昨年実施された研修には参加できなかった比留木謙司(三遠ネオフェニックス)、並里成(滋賀レイクスターズ)などのベテラン勢を含む計60名以上の選手が、「プロフェッショナルとは何か」をテーマに1泊2日の研修に臨んだ。

 この研修は、Bリーグのビジネス、クラブのビジネスなどの座学に加え、メディアトレーニング、リスクマネジメント、“選手とソーシャルメディア”など、現在の情報発信環境に合わせたメニューなども組み入れられた濃密な内容となっている。

 冒頭の挨拶で大河正明チェアマンは「Bリーグが、それぞれのクラブが、今よりも大きくなること。それが選手、指導者、スタッフ、お客様の幸せにつながる。そのためには選手一人ひとりが売りこんでいかないといけない」と激を飛ばすと、続けて「みなさん一人ひとりのプレーをお客様は見に来るわけです。よりインテリジェンスを持って、ファンの対応やインタビューの受け答えもしっかりとしてほしい」とプロフェッショナルとして、さらなる成長を求めた。

 また、大河チェアマンは「NBL(ナショナル・バスケットボール・リーグ)時代にどうだったのか、bjリーグ(日本プロバスケットボールリーグ)時代にどうだったのかなど、今までと同じ発想ではBリーグは成功しない。新しいプロのリーグを作ったのだから、みんなでより良いものを作りあげていこう!」と締めくくり、選手一人ひとりが日本のバスケットボールを盛りあげるために、高い意識と挑戦する気持ちを持って新しいシーズンに臨むよう呼びかけた。

 7月21日、22日の2日間でみっちりと研修を過ごした選手の成長も新しいシーズンの楽しみだ。