栃木ブレックスは7月21日、ジェフ・ギブスと橋本晃佑をBリーグのインジュアリーリストに登録したことを発表。2選手は一時的に選手登録が抹消され、30日間は再登録が行えなくなる。

 現在36歳のギブスは昨シーズンに栃木へ加入すると、チャンピオンシップ全6試合を含む計61試合に出場して731得点(1試合平均12得点)482リバウンド(同7.9リバウンド)をマークし、チームのB1リーグ優勝に大きく貢献した。しかし、5月27日に行われたチャンピオンシップファイナルの試合中に左アキレス腱断裂のケガを負い、現在は復帰に向けてリハビリを行っている。

 203センチ98キロの体格を誇る橋本は2015年12月から栃木に在籍し、プロキャリア2年目の昨季はレギュラーシーズン計37試合に出場して52得点(1試合平均1.4得点)を記録。しかし、5月7日の仙台89ERS戦で負傷し、左ひざ前十字靭帯と診断された。

 なお、栃木は同日、右膝前十字靭帯断裂のケガを負っていた落合知也を、同リストから抹消したことを併せて発表した。