12月25日、武蔵野の森総合スポーツプラザにて、「SoftBank ウインターカップ2019 令和元年度 第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会」が開催され、女子の部は3回戦が行われた。

 インターハイ優勝校の桜花学園高校(高校総体1位/愛知県)は、前日に行われた2回戦を100点ゲームで制した勢いそのままに、開志国際高校(新潟県)を95−61で破って準々決勝に進出。一方、前回大会優勝校である岐阜女子高校(高校総体2位/岐阜県)は、浜松開誠館高校(静岡県)を相手に82−56と快勝し、2連覇に向けてまた一歩前進した。接戦となったのは大阪桐蔭高校(大阪府)と津幡高校(石川県)の一戦。第3クォーター終了時点では大阪桐蔭が12点リードしていたが、第4クォーターで津幡が一挙27点を奪い、72−71で勝利してベスト8へと駒を進めた。

 その他、精華女子高校(福岡県)や聖カタリナ学園高校(愛媛県)、京都精華学園高校(京都府)、大阪薫英女学院高校(大阪府)、小林高校(宮崎県)が3回戦を突破した。

 ウインターカップ女子3回戦の結果と準々決勝の対戦カードは以下の通り。

■女子3回戦(12/25)
済美高校(愛媛県)76−89 精華女子高校(福岡県)
東京成徳大学高校(東京都)61−67 聖カタリナ学園高校(愛媛県)
明星学園高校(東京都)58−75 京都精華学園高校(京都府)
高知中央高校(高知県)69−101 小林高校(宮崎県)
桜花学園高校(愛知県/総体1位)95−61 開志国際高校(新潟県)
安城学園高校(愛知県)59−79 大阪薫英女学院高校(大阪府)
大阪桐蔭高校(大阪府)71−72 津幡高校(石川県)
浜松開誠館高校(静岡県)56−82 岐阜女子高校(岐阜県/総体2位)

■女子準々決勝対戦カード(12/26)
桜花学園(愛知県/総体1位)vs 精華女子高校(福岡県)
聖カタリナ学園高校(愛媛県)vs 大阪薫英女学院高校(大阪府)
津幡高校(石川県)vs 京都精華学園高校(京都府)
小林高校(宮崎県)vs 岐阜女子高校(岐阜県/総体2位)