7月25日にインドのバンガロールでFIBA女子アジアカップの予選ラウンド第3戦が行われ、「AKATSUKI FIVE」女子日本代表チームがオーストラリア代表と対戦。最大12点のリードを奪われたこの試合で、日本は試合終了3分54秒に6点差まで詰め寄る猛攻を見せたが、最終スコア74−83で敗れた。

 日本を率いるトム・ホーバスヘッドコーチは、「前半は相手のペースになってしまい、重いハーフコートゲームだった。ただ、後半は最後までパワーを出したと思う。試合には負けたが、うつむくことはない」と自軍の戦いぶりを評価。「(後半見せた戦いを)40分間続けなければ(勝つのは)難しい。ただ、相手がすごく(シュートを)入れていたこともある。もし、試合終盤の大事な残り2、3分に相手が1本でもシュートを落としたら、日本にもチャンスがあった」と語った。

 また、3ポイントシュートを7本試投して3本を沈め、チーム最多の19得点をマークした宮澤夕貴(JX-ENEOSサンフラワーズ)についても言及。「がんばった。あのくらいはできる」と称えつつ、「僕はいつも『なぜ打たないの?』と怒っている。あれ(くらいの活躍)は当たり前。毎試合7本くらいは打ったほうがいい」とさらなる躍動に期待を寄せた。

 グループBを2勝1敗で2位通過した日本は、27日に決勝ラウンド準々決勝でチャイニーズ・タイペイと対戦。指揮官は、「相手はとてもいいチームなので、(オーストラリア戦の)後半に見せた努力を40分間とおして見せる必要がある」と気を引き締めた。