1月19日、『Denka presents Wリーグオールスター2019-2020 in TOKYO』のプログラムの一つとして、『吉田亜沙美 presents DREAM GAME』が開催。「吉田亜沙美世代」というメンバー選考基準の下、現役選手でありJBAアンバサダーの吉田がダレクトオファーした結果集まった選手たちによって、夢のマッチが実現した。

 吉田の所属チームであるJX-ENEOSサンフラワーズのOGで構成されたTeam Yellow 2020と、花の87年組を中心に「吉田亜沙美世代」のOGで構成されたTeam Black 2020で、前半後半7分ずつの試合を行った。なお、吉田は両チームから出場できるという特別ルールも設けられた。

 前半、吉田はTeam Yellowのスタメンとして出場。諏訪裕美(元JX-ENEOSサンフラワーズほか)の2ゴールなどでTeam Yellowが得点を重ね、10−8で前半を終えた。後半は開始1分27秒に、吉田がTeam Blackへ。上吹越沙織(元日本航空)と共にコートに立ち、姉妹での共演も実現した。しかし、試合は西山詩乃(元JX-ENEOSサンフラワーズ)、田中利佳(元JX-ENEOSサンフラワーズ)らが得点を重ねTeam Yellowがリードを広げる展開に。最終スコア23−14でTeam Yellowが勝利を収めた。

 MVPは吉田によって選出され、「今日一番盛り上げてくれた(吉田)」という理由でTeam Yellowの田中が輝いた。

■試合結果
Team Black 23−14 Team Black(@アリーナ立川立飛)
U‐22|10|13|=23
U‐24|8|6|=14

■出場選手一覧
【Team Yellow 2020】
山田愛(元JX-ENEOSサンフラワーズ)
内海亮子(元JX-ENEOSサンフラワーズ)
田中利佳(元JX-ENEOSサンフラワーズ)
小山真実(元JX-ENEOSサンフラワーズほか)
本田雅衣(元JX-ENEOSサンフラワーズほか)
大野慎子(元JX-ENEOSサンフラワーズ)
西山詩乃(元JX-ENEOSサンフラワーズ)
山田久美子(元JX-ENEOSサンフラワーズほか)
諏訪裕美(元JX-ENEOSサンフラワーズほか)
林五十美(元JX-ENEOSサンフラワーズほか)
高橋礼華(元JX-ENEOSサンフラワーズほか)

【Team Black 2020】
三谷藍(元富士通レッドウェーブ)
川原麻耶(元トヨタ自動車アンテロープス)
櫻田佳恵(元トヨタ自動車アンテロープス)
藤井美紀(元トヨタ自動車アンテロープスほか)
藤吉佐緒里(元シャンソン化粧品シャンソンVマジック)
西川幸子(元シャンソン化粧品シャンソンVマジック)
市野育代(元富士通レッドウェーブ)
上吹越沙織(元日本航空)
中川聴乃(元シャンソン化粧品シャンソンVマジックほか)
久手堅笑美(元トヨタ自動車アンテロープス)
出岐奏(元新潟アルビレックスBBラビッツほか)
名木洋子(元富士通レッドウェーブほか)
丸山美樹(元三菱電機コアラーズ)