2月9日、各地でB1リーグ第22節第1戦が行われ、千葉ポートアリーナでは千葉ジェッツが名古屋ダイヤモンドドルフィンズと対戦した。

 第1クォーター残り5分42秒に田口成浩が3ポイントシュートを沈めると、マイケル・パーカー、ジョシュ・ダンカンも続き、残り3分59秒時点で14−8と好スタートを切った。22−13で迎えた第2クォーターでは激しい点の取り合いとなるも、笹山貴哉にこのクォーターだけで11得点を献上し、45−39で試合を折り返した。

 第3クォーターでは、徐々に点差を詰められ、一時2点差まで詰められたが、富樫勇樹の3ポイントシュートとフリースローで再度突き放し、66−60で最終クォーターへ。最終クォーターはパーカー得点でスタートするも、その後は接戦となる。それでもダンカンが勝負どころで得点し、残り3分32秒時点で81−71の10点差をマーク。追いすがる名古屋Dを振り切り、最終スコア87−83で試合終了。千葉が第1戦のリベンジに成功した。

■試合結果
千葉ジェッツ 87−83 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(@千葉ポートアリーナ)
千 葉 |22|23|21|21|=87
名古屋D|13|26|21|23|=83