仙台89ERSは8月8日、元愛媛オレンジバイキングスのクレイグ・ウィリアムス・ジュニアと2017−18シーズンの契約締結に至ったことを発表した。

 203センチ130キロの体格を誇るウィリアムスJr.は、テキサスクリスチャン大学卒業後の2013年からキプロス、ポーランド、ウルグアイの世界各国でプレー。昨シーズンの開幕前に愛媛へ加入すると、レギュラーシーズンでは先発31試合を含む55試合に出場し、724得点(1試合平均13.2得点)445リバウンド(同8.1リバウンド)を挙げた。しかし、5月30日付けでBリーグの自由交渉選手リストに掲出された。

 新天地が決まったウィリアムスJr.は、クラブの公式HPにて「仙台89ERSのブースターやチームのためにプレーできる機会をいただいて、心から感謝しております。これからの自分の役割を楽しみにしています。ブースターの皆さんには毎試合、楽しんでいただきたいと思います」とコメントした。

 なお、クラブは8日時点で、志村雄彦、石川海斗、柳川龍之介、坂本ジェイ、谷里京哉との契約継続に加え、富山グラウジーズから嶋田基志、香川ファイブアローズから溝口秀人、東京エクセレンスから泉秀岳、鹿児島レブナイズから藤田浩司、三遠ネオフェニックスからオルー・アシャオルを獲得し、計11選手をロースターにそろえている。