宇都宮ブレックスは4日、竹内公輔との契約継続を発表した。

 昨年行われた「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」に出場するなど日本代表としても活躍する同選手は、206センチ100キロのパワーフォワード兼センター。慶応義塾大学卒業後の2007年にアイシンシーホース(現シーホース三河)に入団し、トヨタ自動車アルバルク(現アルバルク東京)、広島ドラゴンフライズを経て2016年に宇都宮へ加入。今シーズンは34試合の出場で191得点(平均5.6得点)204リバウンド(同6.0リバウンド)を記録した。

 宇都宮残留が決まった竹内は、クラブ公式HPで「2020-21シーズンもブレックスでプレー出来ることを大変嬉しく思います。満員のブレックスアリーナでプレーできるのが今から楽しみです。この苦しい状況をみんなで乗り越えて、2020-21シーズンを素晴らしいものにできるように頑張りたいと思いますので、引き続きブレックスの応援を宜しくお願いします」とコメントしている。

 なお、宇都宮はジェフ・ギブス、テーブス海、遠藤祐亮、渡邉裕規、鵤誠司、喜多川修平の残留をすでに発表している。