信州ブレイブウォリアーズは25日、ジェミン・ヤンとの契約合意を発表した。同選手は韓国出身。Bリーグ初の韓国人プレーヤーとなり、アジア特別枠として登録される。

 現在21歳のヤンは、201センチ93キロのフォワード。2013年から年代別の韓国代表として活躍し、U-16、U-17韓国代表ではキャプテンを務めた経験を持つほか、2017年のNBAグローバルキャンプでは韓国籍選手として初めてトップ10に選ばれた。

 信州への加入が決まったヤンは、クラブ公式HPで以下のとおりコメントしている。

「まず最初に私をチームの一員として迎え入れ、日本でプレーする機会を与えてくれた信州のクラブ会社に感謝します。また、Bリーグのような競争盛んなリーグでプレーするチャンスをくれた勝久コーチに感謝し、彼から沢山のことを学びたいと思います。そして、私をずっと支え続けてくれている両親と兄弟にも感謝しています。

 今までさまざまな国でプレーした経験は、日本のプロバスケットボール生活に役立つと思います。一生懸命練習して成長し、チームの勝利の為に頑張ります。日本でプレーする事と皆さんに会えるのを楽しみにしています!」