新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、世界最高峰のエンターテインメント、NBAは3月13日(現地時間12日、日付は以下同)より2019−20レギュラーシーズンを中断することを余儀なくされた。6月に入り、7月31日からフロリダ州オーランドで22チームが参戦し、シーズンを再開することが決まった中、65試合前後を消化した各チームならびにその主要選手たちを振り返っていきたい。
※データは日本時間3月12日終了時点、%=パーセント、評価は上から順にS、A、B、C、D、Eの6段階

◆2019−20シーズンNBA通信簿選手編⑥ジョエル・エンビード

所属:フィラデルフィア・セブンティシクサーズ(イースタン・カンファレンス6位)
総合評価:B

■プロフィール
生年月日(年齢):1994年3月16日生まれ(26歳)
ポジション:センター
身長/体重:213センチ/113キロ
NBAキャリア:4年目
  
<今季ここまでの功績>
オールスター選出(3年連続3度目)

<2019−20シーズン 個人成績>
平均出場時間:30.2分
平均得点:23.4得点
平均リバウンド:11.8本
平均アシスト:3.1本
平均スティール:0.9本
平均ブロック:1.3本
フィールドゴール成功率:47.4%
3ポイント成功率:34.8%
フリースロー成功率:81.4%
※出場試合数が少ないものの、平均得点はリーグ17位、リバウンドは6位に相当

■主要項目におけるシーズンハイ(相手チーム名は略称)
出場時間:41分6秒(20年2月21日/対ネッツ)
得点:49得点(20年2月25日/対ホークス)★
リバウンド:21本(19年12月6日/対ウィザーズ)
アシスト:8本(20年1月7日/対サンダー)
スティール:3本(4度)★(キャリアハイタイ)
ブロック:4本(20年2月10日/対ブルズ)
フィ―ルドゴール成功数:17本(20年2月25日/対ホークス)★
3ポイント成功数:4本(2度)
フリースロー成功数:18本(20年2月21日/対ネッツ)
★=キャリアハイ

◆球宴後に復調し、シーズン中断期間も精力的にトレーニングへ励む

 今季開幕前、『ESPN』の「The Jump」に出演した際、エンビードは昨季序盤にシクサーズへ加入し、昨季いっぱいを共に戦い抜いたジミー・バトラー(現マイアミ・ヒート)について「俺とジミーにとって、移籍は大きな損失だった。俺らは本当に親しい仲になっていたんだ…。彼とは今でも仲がいいくらいだ」と切り出し、こう口にしていた。

「俺たちはたくさんしゃべった。彼はこれからもずっと俺にとっては兄弟さ。彼がまだチームにいてくれたら良かったのに…。彼との間に築いた関係は、これから先も続いていくと思ってる。第4クォーターで、ボールは俺かジミーの手に託されていたことは皆が知ってるはず。でも今シーズンは変えていかなきゃ。新たに誰かがステップアップして、俺自身ももっとこの役割を多くやっていかなきゃいけないと思ってる」。

 シクサーズは昨夏トレードでバトラーを放出し、ヒートからジョシュ・リチャードソンを獲得。フリーエージェント(FA)戦線ではエンビードのような本格派ビッグマンとプレーすることを望んでいたベテランのアル・ホーフォードと契約し、イースト有数の豪華戦力を手にして開幕を迎えた。

 チームは開幕5連勝と最高のスタートを切ったものの、そこから3連敗。その後、白星先行でシーズンを送っていくものの、エンビードはホーフォードというビッグマン同士のスペーシングに苦しみ、昨季(平均27.5得点13.6リバウンド3.7アシスト1.9ブロック)ほどの成績は残せず、昨年11月26日にはトロント・ラプターズの前にまさかの無得点という屈辱も味わった。

「まさか俺がNBAの試合で無得点だったことについて話すことになるだなんて、考えたこともなかった」というエンビードだったが、チームは大黒柱が絶不調でも好勝負を演じていたことは事実。

「ディフェンスで、相手はあらゆるところにいた。彼らはすごく長くて、ペイントで俺のことを囲い込んだんだ」と話すも、「これが現実ということ。ショットが決まる日もあれば、決まらない日もある。調子がいい夜もあれば、不調な夜もあるということだ」と切り替えた。

 また、今季のエンビードはケガにも悩まされた。今年1月には左手薬指の外側側副靭帯断裂による修復手術、2月下旬には左肩を痛めて5試合を欠場し、直近3シーズンでは最も少ない出場試合数(44)に。

 だがシクサーズにとって、この男が最重要人物であることに変わりはない。今季エンビードが欠場した21試合でチームは11勝10敗と苦しんでおり、攻防両面における存在感は唯一無二のもの。

 おそらく、ブレット・ブラウンHC(ヘッドコーチ)は誰よりもエンビードの重要性を理解しているのだろう。5月中旬にはプレーオフで「平均38分くらいプレーしてほしい」と『The Philadelphia Inquirer』へ言及。

 エンビード自身も6月11日に「1週間に6回はトレーニングしている。スタートで有利になれるように、そしてどんなことが起ころうと準備していられるようにね」と『NBA.com』へ話しており、7月2日には指揮官がこのチームの誰よりも「(エンビードが)トレーニングに時間を注ぎ込んできた」と『Philly Voice』へ話しており、今季の第二幕へ向けて期待は膨らむばかりである。

◆攻防両面でチーム随一の存在感を見せるエンビードのさらなる活躍に期待

 シーズン再開に向けてNBAがオーナー会議とNBA選手会(NBPA)から承認を得た同時期に、エンビードは「特にオールスターゲームの後、俺はメンタル面で完全に切り替えることができた。それまでは自分の一定の基準にも達していなかったし、程遠かった」と地元メディア『NBC Sports Philadelphia』へ話しており、オールスター後に本来のパフォーマンスを取り戻したと明かしていた。

 本人の言葉どおり、オールスター後は3ポイント試投数を1試合平均3.9本から1.8本へと減らし、フリースロー試投数が同8.3本から11.4本へと増加させるなどペイントエリアを制圧。

 圧巻だったのは2月25日のアトランタ・ホークス戦。エンビードはフィールドゴール24投中17本(成功率70.8パーセント)、フリースロー15投中14本(成功率93.3パーセント)とショットの雨を降らせて、終わってみればキャリアハイの49得点。

 高さとパワーを活かしてペイントエリアで軽々とショットを沈めるだけでなく、鮮やかなフェイダウェイジャンパーやプルアップジャンパー、フェイクからすかさすリング下めがけてドライブし、誰がいようとダンクを叩き込む豪快さもあり、リング下におけるフィニッシュも多彩。ディフェンス陣を引きつけてキックアウトもできるため、ガードするのが困難な選手なのは間違いない。

 さらに、ディフェンス面における影響力もお見事。チームはここまでディフェンシブ・レーティング(100ポゼッションにおける失点)でリーグ6位の107.6という好成績なのだが、エンビードがコートに立っていた時間帯に限定すると、その数字はリーグ2位まで跳ね上がるからだ。

 オーランドで行われるレギュラーシーズン8試合とプレーオフの会場は、シクサーズにとってアウェーと呼ぶべき場所。リーグベストのホーム戦績(29勝2敗/勝率93.5パーセント)を残しながら、アウェー戦績では10勝24敗(勝率29.4パーセント)と大きく負け越しているチームにとっては不安材料なのだが、万全なコンディションで臨む第二幕で、エンビードには是非ともその殻を破り、シクサーズを勝利へと導く大車輪の働きを期待したい。