新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、世界最高峰のエンターテインメント、NBAは3月13日(現地時間12日、日付は以下同)より2019−20レギュラーシーズンを中断することを余儀なくされた。6月に入り、7月31日からフロリダ州オーランドで22チームが参戦し、シーズンを再開することが決まった中、65試合前後を消化した各チームならびにその主要選手たちを振り返っていきたい。
※データは日本時間3月12日終了時点、%=パーセント、評価は上から順にS、A、B、C、D、Eの6段階

◆2019−20シーズンNBA通信簿選手編⑪ザック・ラヴィーン

所属:シカゴ・ブルズ(イースタン・カンファレンス11位)
総合評価:B

■プロフィール
生年月日(年齢):1995年3月10日生まれ(25歳)
ポジション:ガード
身長/体重:198センチ/82キロ
NBAキャリア:6年目
  
<今季ここまでの功績>
特になし

<2019−20シーズン 個人成績>
平均出場時間:34.8分(リーグ18位)
平均得点:25.5得点(リーグ12位)
平均リバウンド:4.8本
平均アシスト:4.2本
平均スティール:1.5本(リーグ16位)
平均ブロック:0.5本
フィールドゴール成功率:45.0%
3ポイント成功率:38.0%
フリースロー成功率:80.2%

■主要項目におけるシーズンハイ(相手チーム名は略称)
出場時間:44分23秒(20年1月30日/対ペイサーズ)
得点:49得点(19年11月24日/対ホーネッツ)★
リバウンド:11本(19年12月10日/対ラプターズ)
アシスト:9本(20年1月30日/対ペイサーズ)
スティール:5本(20年1月19日/対キャバリアーズ)★
ブロック:2本(5度)
フィ―ルドゴール成功数:19本(2度)★(キャリアハイタイ)
3ポイント成功数:13本(19年11月24日/対ホーネッツ)★(NBA歴代2位タイ)
フリースロー成功数:11本(2度)
★=キャリアハイ

◆自己最高の成績でけん引するも、チーム成績が伸びずにプレーオフを逃す

 今季開幕を間近に控えた昨年10月15日。ラヴィーンは『The Athletic』へこんな言葉を残していた。

「俺はもう、周囲の人たちが自分のディフェンスについてでたらめを言うことにうんざりしてる。俺はいつだって優れたオンボールディフェンダーとしてやってきたんだ。オフェンス面で良い評価を得ている選手が、ディフェンス面では良くないことにはならないと思う。俺はディフェンスにもプライドを持って取り組んでるんだ。(今シーズンにでも)それを見せてみせるよ。自信を持っているからね」。

 開幕からエースとして臨んだラヴィーンは、順調に2ケタ得点を記録し、今季は毎月平均20得点以上を積み重ねており、チーム成績が最も良かった12月(7勝7敗)ではディフェンシブ・レーティング(100回のポゼッションにおける失点)で105をマーク。今季全体で見ても、昨季の115から今季は112へと改善。

「俺は目の前の選手をストップすることにプライドを持って、フォーカスしている。自分の仕事だと認識してね。インテンシティ(激しさ)と集中力がディフェンス面において手助けしてくれていると思ってるんだ」と話しており、攻防両面においてプライドを持ってプレーしてきた。

 ジム・ボイレンHC(ヘッドコーチ)も「私が彼と話していることは、彼ならば(オフェンスとディフェンスの両面において優れた)2ウェイプレーヤーになることができるというもの。2ウェイプレーヤーというのは、コートの両エンドで活躍することをコミットしており、見事に関わっている選手を指す。彼はまさにそれを実行しており、見ていて楽しいよ。そうすることで彼自身だけでなく、このチームを一段階上のレベルへと導くことになるだろうね」とラヴィーンに大きな期待を寄せていた。

 ところが、ブルズは年明け以降にケガ人が続出。ルーキーのコービー・ホワイトが躍進したことは朗報だったものの、ラウリー・マルッカネンやウェンデル・カーターJr.といったキープレーヤーたちが戦線離脱してしまい、ラヴィーンへの負担も増大。1月下旬から8連敗を喫するなど黒星先行に拍車がかかってしまう。チームが不振となったことで、ラヴィーンとボイレンHCの不仲に関する報道がSNSを通じて拡散されるなど、なかなか集中できない状況にまで発展。徐々に戦力がそろい始めたものの、ラヴィーンは左大腿部を痛めて3月に行われた5試合を全休し、そのままレギュラーシーズンが中断に。

 今季は60試合に出場していずれもキャリアハイとなる平均25.5得点4.8リバウンド1.5スティールに4.2アシストを残し、3ポイント成功数(平均3.1本)も自己最高を更新。特に11月24日のシャーロット・ホーネッツ戦で見せた3ポイントショーは圧巻。ラヴィーンの右腕から放たれたショットは面白いようにリムをくぐり抜け、成功率は驚異の76.5パーセント(13/17)。NBA歴代2位タイの13本を放り込み、キャリアハイの49得点をマーク。

 だがイースト11位に終わったブルズは、3年連続でプレーオフ進出を逃すことに。7月31日からフロリダ州オーランドでスタートする今季の第二幕へ出場できないことが決まり、ラヴィーンは6月6日にチームを通じて「正直最悪だね。今はいろんなことが起きていて普段とは違う状況だけど、がっかりもしてる。俺たちにはプレーオフ争いに参戦できるだけの実力がなかったということ。その資格があると認めてもらうためには、やり方を大幅に変える必要があることが分かった」と悔しさをにじませ、「同じミスを繰り返しちゃいけないんだ。チームのアイデンティティを変えて、勝利できるカルチャーを構築すべく、このチームの印象を変えなくちゃいけない」と言い残した。

◆「俺は今、心底勝者になりたい」。新体制へと切り替えたブルズとラヴィーンが来季に向けて巻き返しを図る

 4月14日。ブルズはバスケットボール運営部門のエグゼクティブバイスプレジデントの座にアルトラス・カルニショバスを招聘。28日には新たなGM(ゼネラルマネージャー)として、フィラデルフィア・セブンティシクサーズからマーク・エバースリーを引き抜いたことが報じられた。ボイレンHCの去就は未定ながら、ブルズは着実に新たな方向へと歩みを進めている。

 すると4月29日に『HoopsHype』へ掲載された記事の中で、ラヴィーンは「俺は2人と話したんだ。彼らと一緒にやっていくことにものすごくワクワクしてる。ブルズのファンに、このチームが正しい方向へと向かい、そして向上していくと分かってもらえるような変化が必要だと思っていたからね」と話しており、ブルズの新体制に大きな期待を寄せている。

 ここ2シーズンというもの、ラヴィーンはオールスター級の個人成績を残してきたものの、HC投票によるリザーブメンバーに選ばれることはなかった。「そうした経験から俺が学んだのは、勝利によって全ての結果が返ってくるということ。だから俺は今、心底勝者になりたい。偉大な選手たちは皆それをやってきた。1試合に40得点しようと、勝者とみなされるわけではないんだ」と話しており、勝利に飢えていることは間違いない。

 新体制で臨む来季に向けて、ブルズとラヴィーンの動向には注目していきたいところだ。