新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、世界最高峰のエンターテインメント、NBAは3月13日(現地時間12日、日付は以下同)より2019−20レギュラーシーズンを中断することを余儀なくされた。6月に入り、7月31日からフロリダ州オーランドで22チームが参戦し、シーズンを再開することが決まった中、65試合前後を消化した各チームならびにその主要選手たちを振り返っていきたい。
※データは日本時間3月12日終了時点、%=パーセント、評価は上から順にS、A、B、C、D、Eの6段階

◆2019−20シーズンNBA通信簿選手編⑫ジュリアス・ランドル

所属:ニューヨーク・ニックス(イースタン・カンファレンス12位)
総合評価:C

■プロフィール
生年月日(年齢):1994年11月29日生まれ(25歳)
ポジション:フォワード
身長/体重:203センチ/113キロ
NBAキャリア:6年目
  
<今季ここまでの功績>
特になし

<2019−20シーズン 個人成績>
平均出場時間:32.5分
平均得点:19.5得点
平均リバウンド:9.7本(リーグ13位)
平均アシスト:3.1本
平均スティール:0.8本
平均ブロック:0.3本
フィールドゴール成功率:46.0%
3ポイント成功率:27.7%
フリースロー成功率:73.3%

■主要項目におけるシーズンハイ(相手チーム名は略称)
出場時間:46分12秒(20年2月10日/対ホークス)★
得点:35得点(2度)
リバウンド:18本(2度)
アシスト:7本(19年10月31日/対マジック)
スティール:3本(4度)
ブロック:3本(20年1月25日/対ラプターズ)
フィ―ルドゴール成功数:14本(19年12月27日/対ネッツ)
3ポイント成功数:5本(19年12月27日/対ネッツ)★
フリースロー成功数:10本(19年12月2日/対セルティックス)
★=キャリアハイ

◆長い時間を練習に費やし、スキルアップに努めるビッグマン

 昨夏プレーヤーオプションを破棄し、制限なしフリーエージェント(FA)となったビッグマンは、昨夏のFAとの交渉解禁初日にニックスと3年6,300万ドル(当時のレートで約68億400万円)の高額契約を結び、主力として今季を迎えた。

 だがニックスは開幕8試合で1勝しかできず、11月下旬から10連敗を喫するなど白星先行には程遠く、12月上旬にはデイビッド・フィズデイル前HC(ヘッドコーチ)を解任。アシスタントコーチのマイク・ミラーが暫定HCとして引き継ぎ、12月中旬には4試合で3勝することもあったが、今季もリーグ下位を行き来することに。

 もっとも、この結果を予想外だと受け取る者はほとんどいなかった。そもそも、ニックスは昨夏のFA戦線でケビン・デュラント、カイリー・アービングという超大物FAの獲得を狙っていたが、ブルックリン・ネッツへと移籍してしまい、戦力増強すべくランドルらを獲得したのだが、パワーフォワードを中心に集め過ぎたと言っていい。

 ランドルをはじめ、ボビー・ポーティス、タージ・ギブソン、マーカス・モリス(現ロサンゼルス・クリッパーズ)もロースターに加えており、インサイドに偏った選手を加えていた。昨年のドラフト全体3位で指名したルーキーのRJ・バレットもペイントエリアが主戦場で、アウトサイドシュートは得意としていない。そのため、モリスが3ポイントを多く放ち、ランドルやバレットへスペースを与えていたのだった。

 その中で、ランドルは12月下旬に3試合連続で30得点、フィールドゴール成功率50.0%以上。3ポイントも23投中11本(成功率47.8%)を沈めており、チームも2勝1敗と勝ち越しに成功するなど主軸として奮闘。

「俺は長い時間を練習に費やしてる。家族や友達と過ごす自由な時間を多く犠牲にしてきたんだ。そこで自分のスキルをもっともっと向上させようとトライしてきたのさ。それが結果になって表れているんだと思う。今の俺は、1つの試合ごとにフォーカスしているし、この先どうなるかとか心配せずにプレーできている」。

 『The Athletic』へそう語ったランドルは「俺は(ゲームの展開を)良く読むことができてるし、より良いスポットに入ることができている。コーチ(ミラー)は俺を効果的なプレーができるスポットに置いてくれるから、最高の仕事をしてくれてると思ってる。今はオフェンス面で、(以前よりも)すごく効果的にプレーできてるよ」とミラー暫定HCとも良好な関係を構築できているように思えた。

 しかし、今年に入ってからもニックスの成績が上向くことはなく、イースト12位でシーズン中断を迎え、今月末からオーランドで始まる第二幕へ参戦できず、7年連続でプレーオフ出場を逃すこととなった。

◆新体制となったニックス、来季を前にトレード候補へ浮上か?

 低迷が続くニックスは、3月に入って元代理人のレオン・ローズを新たな球団社長として招き、6月下旬には“ワールド・ワイド・ウェス”として知られるウィリアム・ウェスリーをエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼シニア・バスケットボール・アドバイザーに任命。

 ニックスは新体制となり、現在は新たな指揮官を獲得するべく、数多くの候補者と面談を行っており、7月末には選定することになる見込み。では今季得点とリバウンドでチームトップをマークしたランドルはどうなるのかというと、どうやらトレード候補に挙がっているようだ。

 今年4月。『CBS SPORTS.COM』はローズがランドルのトレードを目論んでいると報じ、『The New York Post』もランドルのボールを独占しがちなプレースタイルをチームメートたちが好んでいないと報道。

 ランドルは3ポイントをあまり得意としておらず、ペイントエリア、特にリング下へ向かって突進していく傾向にあるため、チームオフェンスがなかなか機能しないという意見もある。

 とはいえ、ランドルに関するトレードのウワサはシーズン中も出ており、今年1月22日には『The New York Post』へこんな言葉を残している。

「(トレードのウワサで)何か気になるかって? いや。正直なところ、心配しちゃいない。俺は6年目なんだ。トレードというのはビジネスなんだと分かってるからね。自分にコントロールできないことだから、気にしたって仕方がないのさ」。

 来シーズンに向けて、もしかするとランドルは新たなチームのユニフォームに袖を通しているのかもしれない。だが25歳のビッグマンは今後も自身のスキルを向上させていくだろう。そして自身の強みを最大限に発揮できる環境に身を置くことができれば、今季以上に活躍することができるに違いない。