新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、世界最高峰のエンターテインメント、NBAは3月13日(現地時間12日、日付は以下同)より2019−20レギュラーシーズンを中断することを余儀なくされた。6月に入り、7月31日からフロリダ州オーランドで22チームが参戦し、シーズンを再開することが決まった中、65試合前後を消化した各チームならびにその主要選手たちを振り返っていきたい。
※データは日本時間3月12日終了時点、%=パーセント、評価は上から順にS、A、B、C、D、Eの6段階

◆2019−20シーズンNBA通信簿選手編⑱ニコラ・ヨキッチ

所属:デンバー・ナゲッツ(ウェスタン・カンファレンス3位)
総合評価:A

■プロフィール
生年月日(年齢):1995年2月19日生まれ(25歳)
ポジション/センター
身長/体重:213センチ/114キロ
NBAキャリア:5年目
  
<今季ここまでの功績>
オールスター選出(2年連続2度目)
週間最優秀選手:1度

<2019−20シーズン 個人成績>
平均出場時間:32.3分
平均得点:20.2得点
平均リバウンド:10.2本(リーグ9位)
平均アシスト:6.9本(リーグ15位)
平均スティール:1.2本
平均ブロック:0.7本
フィールドゴール成功率:52.8%(リーグ19位)
3ポイント成功率:31.4%
フリースロー成功率:81.3%

■主要項目におけるシーズンハイ(相手チーム名は略称)
出場時間:43分48秒(20年1月17日/対ウォリアーズ)
得点:47得点(20年1月7日/対ホークス)★
リバウンド:21本(20年2月6日/対ジャズ)★(キャリアハイタイ)
アシスト:13本(20年2月11日/対スパーズ)
スティール:4本(2度)
ブロック:3本(2度)
フィ―ルドゴール成功数:16本(2度)
3ポイント成功数:4本(3度)
フリースロー成功数:11本(20年1月7日/対ホークス)★(キャリアハイタイ)
★=キャリアハイ

◆シーズン開幕後に減量、2年連続でオールスター入りしたナゲッツの大黒柱

 昨季オールスターに初選出され、オールNBAファーストチームにも選ばれたヨキッチは、自身初のプレーオフでも平均39.8分25.1得点13.0リバウンド(リーグトップ)に8.4アシスト1.1スティールと、獅子奮迅の働きでナゲッツをカンファレンス・ファイナル進出まであと1勝に迫る位置へと導いた。

 昨夏には中国で行われたFIBAワールドカップに出場。大会5位となったセルビアで、平均22.6分11.5得点7.5リバウンド4.8アシストをマーク。シーズン中と比べるとオーバーウェイトに映ったものの、巧みなスキルと柔軟な肉体を駆使してフィールドゴール成功率68.0パーセントを記録するなど持ち前のセンスで活躍。

 今季の開幕戦。ナゲッツは昨年のプレーオフ、ウェスト準決勝で最終戦の末に敗れたポートランド・トレイルブレイザーズを相手にヨキッチが第4クォーターだけで16得点を集中砲火して見事勝利。

 3ポイントやジャンパー、ポストプレーなど多彩な方法で20得点13リバウンドを積み上げたヨキッチは「僕はコートに出て、勝利するためのポジティブなエナジーになりたかったんだ」と振り返った。

 ナゲッツが誇る大黒柱は今季も得点とリバウンドを2ケタ奪いつつ、プレーメイカーとしてチームメートたちの得点機会も数多く選出。カットしてくる味方へ絶妙なタイミングで肩越しにノールックパスを繰り出すなど華やかさも申し分なく、ハイライトシーンにも数多く登場し、昨季に続いてナゲッツを強豪ぞろいのウェストで上位へと導く殊勲者に。

 2年連続でオールスター本戦に選出されたヨキッチは、前日の会見で「誰とプレーするのが楽しみ?」という質問に「そりゃもうたくさん。大勢いるよ。AD(アンソニー・デイビス/ロサンゼルス・レイカーズ)、カワイ(レナード/ロサンゼルス・クリッパーズ)、ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)。才能ある選手たちがたくさんいるからね」と口にし、本戦では5得点2リバウンドながら、貴重な3ポイントを沈めた際には興奮ぎみのジェスチャーで自身を奮い立たせていた。

 W杯やシーズン開幕後もメディアやファンからSNSで「オーバーウェイトでは?」「あのシェイプで1シーズンもつのか?」といった批判を浴びてきたヨキッチだが、昨年11月28日に地元メディア『The Denver Post』へこう口にしている。

「僕はね、今はもう(新聞とかネットの批判を)読んだりしていない。やめたんだ。だから(オーバーウェイトに対する批判が)僕を悩ますことはないね。人々は(批判に対して)事実と思い込んでしまう。それが正しいかどうかに関わらずね。間違っていようと、言ってるだけ」。

 もっとも、ヨキッチ自身もプレーしていてオーバーウェイトだと自覚しており、「シーズン序盤はオーバーウェイトで、シュートが短くなって決まらなかった。それで約10キロ減量したんだ」とオールスター期間中に『ESPN』へ明かしている。

 とはいえ、ヨキッチが持つスキルは見事というほかない。昨年12月30日に行われたサクラメント・キングス戦の第3クォーターにはピック&ロールの場面で右手から左手へとビハインドバックで切り返してリショーン・ホームズを交わすと、今度は“リーグ最速男”ディアロン・フォックスがスティールを狙う。だがヨキッチは左手から右手でまたもビハインドバックのドリブルを繰り出して突破し、最後は柔らかいレイアップでフィニッシュ。

 もちろん、ヨキッチの動きは決して速くはないのだが、平然と鮮やかな切り返しで突破し、相手選手を「えっ、そう来るか」と思わせるほどのスキルで得点まで持ち込んだだけに、「彼はなんでもできるんだ」とジャマール・マレーが語り、「まるでラリー・バード(元ボストン・セルティックス)だ」と『AP』が称賛するなど、複数の現地メディアがこの一連のプレーをSNSで拡散。ヨキッチが見ていてワクワクさせる選手の1人なのは間違いない。

◆新型コロナ感染から復活、中断前の体型を維持するヨキッチのプレーは必見

 3月2日のトロント・ラプターズ戦。ヨキッチは今季12度目(リーグ3位)となるトリプルダブル(23得点18リバウンド11アシスト)でチームをけん引。フィールドゴール11投中8本、フリースロー9投中7本成功という抜群の決定力でラプターズ撃破(133−118)に貢献。

 通算40度目のトリプルダブルを達成したヨキッチは、現役4位、歴代でも10位という好位置にいる。『StatMuse』によると、ヨキッチがトリプルダブルを40度達成するのに要した試合数は368試合で現役最速。歴代で見ても、オスカー・ロバートソン(元シンシナティ・ロイヤルズほか/92試合)、アービン“マジック”ジョンソン(元レイカーズ/245試合)に次ぐ史上3番目の速さ。25歳にして、リーグ史上最高の万能型センターという地位を手にしたと言っても過言ではないだろう。

 昨年12月。今季からNBAデビューを飾ったマイケル・ポーターJr.は「ニコラと一緒にプレーすることで、僕はもっといい選手になることができるだろうね。彼はコート上で僕のことを見つけてくれるだけでなく、どのようにしてチームメートたちを見つけてパスを出すかを教えてくれるんだ。それに彼は穏やかなんだ。コート上で彼と一緒にいると、とても静かなんだ。それに彼は正しいプレーメイクをしてくれる。だからそんなに心配する必要がないんだ」と『The Athletic』へ話しており、後輩にも時間を惜しまずに自らのスキルを伝授していることが分かる。

 ヨキッチ率いるナゲッツはウェスト3位でプレーオフ出場を決めているのだが、第二幕が行われるフロリダ州オーランドの開催地へ向かうにあたり、ヨキッチはセルビアに滞在していた6月下旬に新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応が出たため、チームへの合流が遅れていた。

 だが7月15日にホテルで隔離を終えたヨキッチが久々にチームへ合流。「(新型コロナで隔離されていた)14日間、僕は結局プレーすることができなかった。でもその後、ここに来る前に何度かプレーできたよ」と話しており、マイケル・マローンHC(ヘッドコーチ)も「彼と会えて最高だったよ。このチームのスタッフやロースター全員に言えるのは、彼が戻ってきたことでこのチームをものすごく高揚させるということ」と大きな期待を寄せている。

 今月末にスタートする第二幕、そして自身2度目のプレーオフで、ナゲッツがどこまで勝ち上がることができるのか。そのカギを握っているのがヨキッチであることは疑いようのない事実。シーズン中断前のシェイプをキープしているビッグマンによる圧巻のパフォーマンスは必見だ。