9月5日(現地時間4日)、「NBAプレーオフ2020」の16日目が行われた。

 イースタン・カンファレンス5位のマイアミ・ヒートは、同1位のミルウォーキー・バックスとの第3戦に臨んだ。第1クォーターからつばぜり合いが続き、29−30で終了。第2クォーター序盤も拮抗した試合展開となる。しかし、同残り4分40秒のウェスリー・マシューズの3ポイントシュートを皮切りに、バックスに連続得点を許し、50−57で試合を折り返した。

 第3クォーターもバックスのペースで試合が進むものの、ジミー・バトラーを中心に食い下がり、75−87で勝負は最後の12分へ。最終クォーターに入ると、タイラー・ヒーロやバム・アデバヨが得点を重ね、反撃開始。徐々に点差を詰め、試合終了残り6分16秒のバトラーの得点で、94−93と逆転に成功した。その後は、バトラーが攻撃をけん引し、最終スコア115−100でヒートが逆転勝利を果たした。

 ウェスタン・カンファレンスでは、4位のヒューストン・ロケッツと1位のロサンゼルス・レイカーズの初戦が行われた。第1クォーターを29−28の1点差で終了。第2クォーターに入ると、ジェームズ・ハーデンが確率良くシュートを沈める。ハーデンは、前半終了時点で25得点をマークし、攻撃をけん引。63−55で試合を折り返した。

 第3クォーターは接戦が繰り広げられ、85−79で最終クォーターへ。最終クォーターは、エリック・ゴードンが5連続得点でチームに勢いを与えると、ラッセル・ウェストブルックも3ポイントシュートで続き、開始2分51秒時点で、97−82とリードを拡大。その後は奪ったリードを守り抜き、最終スコア112−97でタイムアップ。ロケッツが快勝した。

【試合結果】
〇準決勝
マイアミ・ヒート 115−100 ミルウォーキー・バックス
ロサンゼルス・レイカーズ 97−112 ヒューストン・ロケッツ