9月29日に開幕するB1リーグ2017−18シーズン。アーリーカップやプレシーズンマッチなどで強化を図った18チームが何を強みに、どのように戦っていくのか注目が集まる。『バスケットボールキング』では今回、それぞれの代表選手から話をうかがい、現時点におけるチームを5段階で分析してもらった。(11日取材)

■東地区 アルバルク東京 田中大貴
シュート:★★★★★
スピード:★★★★★
リバウンド:★★★★★
ディフェンス:★★★★★
イチオシ『ヘッドコーチの厳しさ』(★★★★★★★★)
「開幕前の現時点におけるイチオシは『ヘッドコーチの厳しさ』です。(ルカ・パヴィチェヴィッチ)HCの求める高い要求に応えられるように、チーム一丸となってがんばりたいです」

■ロースター(ヘッドコーチ:ルカ・パヴィチェヴィッチ)
1 PG 小島元基(NEW)
3 PG 安藤誓哉(NEW)
6 SF 馬場雄大(NEW)
7 SG 正中岳城
9 C ランデン・ルーカス(NEW)
10 SF/PFザック・バランスキー
13 SF 菊地祥平
15 PF/C 竹内譲次
24 SG 田中大貴
31 PF ジャワッド・ウィリアムズ(NEW)
35 PG 伊藤大司
53 C アレックス・カーク(NEW)

■開幕戦(9月30日、10月1日)
vs大阪エヴェッサ@府民共済SUPERアリーナ

https://youtu.be/ErD8OSDq5wY