10月16日、シーホース三河はシェーン・ウィティングトンとの契約合意を発表した。

 アメリカと北マケドニアの国籍を持つ同選手は、211センチ113キロのパワーフォワード兼センター。NBAのインディアナ・ペイサーズでキャリアをスタートさせ、2016−17シーズンからは主にスペイン1部のクラブに在籍。昨年のNBAサマーリーグでは、ダラス・マーベリックスの一員として馬場雄大らとともにプレーした。

 今回の発表に際して、同選手はクラブ公式HPにて「シーホース三河のユニフォームを着る機会をいただいてとてもワクワクしてます。今シーズン、シーホースのファンをコート内外で代表することを楽しみにしてます。毎試合ベストを尽くして、目標のBリーグ優勝をチームで達成出来るように頑張ります!皆さんにお会いするの楽しみにしてます」と意気込みを述べている。

 なお、三河は外国籍選手追加契約ルールで獲得したセドリック・シモンズとの契約解除を同日に発表している。