NBAの2019−20シーズン、ロサンゼルス・レイカーズを10年ぶり17回目の優勝に導いたレブロン・ジェームズは、持ち前のオールラウンダーぶりで毎年アシストを重ねてきた。さらに今シーズンはポイントガードとしてチームをけん引し、キャリア初のシーズンのアシスト王に輝いている。

 アシストといえば主に司令塔であるポイントガードの仕事だろう。しかしプレーオフではマークが厳しくなるエース級の選手も、しっかりとフリーの味方にパスを捌いていかなければ勝ち上がれない。そんな重要なスタッツを最も記録しているのがレイカーズのレジェンドポイントガードのマジック・ジョンソンだ。マジックに現役選手たちがどこまで迫っているのか、2019ー20シーズン終了時点でのNBAプレーオフ通算アシストランキングを見ていこう。

■NBAプレーオフ通算アシスト トップ10
1位:マジック・ジョンソン/2346本
2位:レブロン・ジェームズ/1871本
3位:ジョン・ストックトン/1839本
4位:ジェイソン・キッド/1263本
5位:トニー・パーカー/1143本
6位:ラジョン・ロンド/1086本
7位:ラリー・バード/1062本
8位:スティーブ・ナッシュ/1061本
9位:スコッティ・ピッペン/1048本
10位:コービー・ブライアント/1040本

 名ポイントガードが顔を並べる中、首位を独走状態のマジックはレブロンよりも出場試合数が70試合も少ない中での記録となっている。10位にはコービー、実はその下の11位にはマイケル・ジョーダンがランクインしており、得点を量産してきたスーパースターたちもしっかりとアシスト数を伸ばしているのが分かる。

 そんな中、現役選手でトップ10入りを果たしたのはレブロンと“プレーオフ・ロンド”という異名を持つラジョン・ロンド(レイカーズ)。6位にランクインしたロンドは今シーズンも重要な場面でアシストを重ね、チームの優勝に貢献した。2人に次ぐ記録を持つクリス・ポール(オクラホマシティ・サンダー)は902本で19位。4度のアシスト王に輝いたリーグ屈指の司令塔がトップ10に迫っている。

 来シーズン以降、レブロンは史上2人目となる2000アシストを達成して、マジックを射程圏内に捉えられるか、今後も注目となる。

■NBAプレーオフ通算アシスト 現役選手トップ10
※()内は引退選手を含めた場合の順位
1位(2位):レブロン・ジェームズ/1871本
2位(6位):ラジョン・ロンド/1086本
3位(19位):クリス・ポール/902本
4位(25位):ラッセル・ウエストブルック/815本
5位(31位):ドレイモンド・グリーン/754本
6位(32位):ジェームズ・ハーデン/742本
7位(33位):ステフィン・カリー/704本
8位(40位):アンドレ・イグダーラ/601本
9位(49位):カイル・ラウリー/558本
10位(50位):ケビン・デュラント/557本