11月15日(現地時間14日)。トロント・ラプターズはクリス・フィンチをコーチングスタッフに加えるべく、交渉に決着をつけている段階だと『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が報じた。

 ラプターズは昨季終了後、アシスタントコーチ(AC)のネイト・ビョークグレンがインディアナ・ペイサーズの新ヘッドコーチ(HC)に就任。ニック・ナースHCの補佐役として、フィンチが加入することになりそうだ。

 フィンチは2011−12から15−16シーズンまでヒューストン・ロケッツでACを務めたほか、16−17シーズンはデンバー・ナゲッツ、昨季までの3シーズンはニューオーリンズ・ペリカンズに所属し、昨季はアソシエイトHCを務めた経験を持つ。

 ナースHCとフィンチは2000年代序盤にイギリスのバスケットボールリーグでコーチとして対峙した経歴があり、フィンチは06年から13年にかけて同国代表のHCを務めていた。