11月28日、アースフレンズ東京ZはBリーグ自由交渉選手リストへ公示されていたアレクサンダー・ジョーンズと契約を結んだことを発表した。なおジョーンズの背番号は「52」、第10節12月5日に行われる熊本ヴォルターズ戦からベンチ入りする予定だ。

 アメリカ生まれでシアトル大学出身の同選手は、206センチ110キロのセンター。2012−13シーズンをドイツでプレーした後来日し、当時NBDL所属の豊田通商ファイティングイーグルス名古屋で日本でのキャリアをスタートさせた。その後、東京八王子トレインズ、越谷アルファーズ、茨城ロボッツでプレー、今シーズンは外国籍選手の追加契約ルールで西宮ストークスと契約。6試合に先発出場を果たし、1試合平均19.7得点9.8リバウンドのスタッツを残していた。

 東京Zとの契約に際し、「今シーズン、アースフレンズ東京Zの一員になれることにわくわくしています。チームにフィットできるよう全力を尽くし、成功へと導けるように頑張ります。応援ありがとうございます! みなさんと試合会場でたくさんお会いできることを楽しみにしています」とコメントしている。