12月26日、ウイングアリーナではB1第15節第1戦が行われ、宇都宮ブレックス(東地区2位)がシーホース三河(西地区首位)と対戦した。

 まず試合の主導権を握ったのは、宇都宮。遠藤祐亮が三河エース・金丸晃輔を抑えると、攻めては、ジョシュ・スコットやライアン・ロシターがスコアを伸ばし、11−0のランを作り上げ、24−14で終了。しかし、第2クォーターは三河のディフェンスに苦しみ、オフェンスが停滞。一時は逆転を許したものの、終盤に遠藤やLJ・ピーク、テーブス海らが加点し、40−33で試合を折り返した。

 第3クォーターは点の取り合いとなるも、スコットや竹内公輔がオフェンスリバウンドをもぎ取り、三河に流れを渡さない。三河も柏木真介が気を吐いたが、69−55で最後の10分間へ。最終の10分間では、ダバンテ・ガードナーに17得点を許し、徐々に点差を詰められる。それでも、宇都宮は奪ったリードを守り抜き、最終スコア88−82で地区上位対決を制した。

 勝利した宇都宮は、今季20勝へ到達した。

■試合結果
シーホース三河 82−88 宇都宮ブレックス(@ウイングアリーナ刈谷)
三 河|14|19|22|27|=82
宇都宮|24|16|29|19|=88