ファンの皆さんがTwitter投票で決める「B.LEAGUE Monthly MVP by 日本郵便」が決定! 受賞者がBリーグ応援番組『B MY HERO!』で発表された。

 12月度のエントリーはライアン・ケリー(サンロッカーズ渋谷)、金丸晃輔(シーホース三河)、齋藤拓実(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)の3名。この中から選ばれたのが金丸晃輔だ!

 12月の金丸は、32本の3Pシュートを沈め、1試合の平均得点が日本人選手2位となる19.1点をマーク。さらに金丸のパフォーマンスはチームの勝利に直結し、この間、チームは8勝2敗と好調を維持、西地区2位から1位に順位を上げた。

 金丸は今回の受賞に関して「僕がシュートを打てるのは他の4人とボールが動いている証拠。それが多かっただけだと思います」と、フォア・ザ・チームの結果だと強調した。

 チームは金丸の好調もあり、現在、西地区1位に位置する。これについて「練習ではちょっとしたことでコミュニケーションを取っています。(三河は)どこからでも点が取れる。人とボールが動くことで得点が量産できるので、相手からしたら止めにくいと思います」と分析した。

 番組内ではMCを務めるこにわ、関根ささらから厳しい状況でもシュートを決める秘訣を聞かれた金丸。「試合中、“ド”フリーで打つ方が苦手です。外したらどうしようと思っちゃいます。ちょっとディフェンスがいた方がいいですね(笑)」とMC2人を驚かせた。

 今後に向け、「プレーオフになると相手のディフェンスのギアがもう1段上がり、マークが厳しくなるのはわかっています。僕も何か策を講じなければいけないなと思っています」と見据える。

 最後にファンに向けて「今が苦しい状況ですが、僕たちはファンの皆さま、世の中を元気にしなければいけない存在だと思っています。これから後半戦がスタートしますが、これからは3ポイントのシュートのアテンプト(試打本数)を上げていこうと思います」と力を込めた。